1. まとめトップ

日本に古くから伝わる伝統料理蕎麦(そば)グルメ

古来より和食の代表的な麺料理である、蕎麦(そば)のグルメ情報です。

更新日: 2017年08月04日

2 お気に入り 513 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

蕎麦(そば)とは

蕎麦(そば)とは、穀物のソバの実を原料とする蕎麦粉を用いて加工した、日本の麺類、および、それを用いた料理である。今日、単に「蕎麦」と呼ぶ場合、通常は蕎麦切り(そばきり)を指す。中華そばなどと区別して日本蕎麦(にほんそば)とも呼ばれる。
歴史は古く、寿司、天ぷらと並ぶ代表的な日本料理である。

この蕎麦の調味として作られる「つゆ(蕎麦汁)」は、地域によって色・濃さ・味になどに明らかな違いがあり、その成分も各地によって好みが分かれる。蕎麦を供する場合には皿(竹簾が敷かれている専用の蕎麦皿など)やざる(ざるそば用)、蕎麦蒸籠などが用いられる。蕎麦つゆを供する場合には徳利(蕎麦徳利)と猪口(蕎麦猪口)が用いられることが多い。また汁を張った丼に蕎麦をいれて供するものもある。

蕎麦は専門店のみならず、外食チェーンなどのメニューにも載っており、小売店などでも麺が乾麺または茹で麺の状態で販売され、カップ麺としても販売されている。

「蕎麦粉」、「つなぎ」、「水」を用いて作られる。つなぎを用いないこともあり、風味付けの材料を加えることもある。つなぎ(結着剤)は一般的には小麦粉が用いられ、小麦粉に対する蕎麦粉の配合割合によって名称が変わる。他につなぎとして使用されるものは鶏卵(卵切り蕎麦と称する)、長芋・山芋、布海苔(へぎそばと称する)、こんにゃくやオヤマボクチなどがあり、それらを加えることで独特の食感やコシが発生する。

もり蕎麦・ざる蕎麦とぶっかけ蕎麦は冷たいつゆを用い、かけ蕎麦は温かいつゆを用いる。冷たいつゆは辛汁(からじる)、温かいつゆは甘汁(あまじる)と呼ぶ。それぞれ「冷たい蕎麦」「温かい蕎麦」に用いられるが、ただし温かいつゆのつけ蕎麦や冷たいつゆのかけ蕎麦もあって、これらの言葉は一義的ではない。高遠そばではみそ味のそばつゆを「からつゆ」、醤油味のそばつゆを「あまつゆ」と呼ぶ。

おいしいそばメニューの数々

揚げ玉を入れるだけで手軽にできるおいしいたぬきそば。

各種天ぷら乗せも人気です。多くはえび天か、かき揚げを乗せます。

カレー南蛮などとも呼ばれ、大人から子供まで愛されるカレーかけのメニューです。

本来さっぱりめのそばをこってりにさせてくれる肉入りのメニューです。

1 2 3