1. まとめトップ

プロレス・外人レスラー・キャラの濃い人列伝

☆G馬場やアントニオ猪木選手が活躍していた頃の外人レスラーの中には、とてもキャラの濃い怪人がいて、子供達はドキドキしながらテレビで観戦したものです。 ここでは4ページに渡り、カシモド、ザ・マミーからオックス・ベイカー、ジャイアント・キマラ等のレスラーを紹介しています。写真はビッグバン・ベイダー。

更新日: 2019年03月08日

3 お気に入り 48233 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

☆ 格闘技の中でもプロレスはエンターテインメント性の高いスポーツです。黎明期の頃から今日のような発展を遂げるまで様々なレスラーが現れ、観客を楽しませてきました。そこで今回は特に個性的で私個人が印象に残っているレスラーを選んでみました。それゆえいわゆるベビーフェイスでかつ覆面も付けずに戦った有名レスラーは省いてあります。ファンク兄弟はどうした。ビルロビンソンやボブバックランドは? と、怒られるかもしれませんが、それはまた別の機会がありましたらということで・・・。

◯ フレッド・ブラッシー

フレッド・ブラッシー(1918~2003 本名フレデリック・ケネス・ブラスマン)おしゃれで不気味な噛み付き魔として知られるブラッシーは、インタビューの最中にヤスリで歯を磨き、尖らせるというパフォーマンスで当時のプロレスファンを恐れさせました。こうした演出は後年のビジュアル系ロックにも影響を与えたと言われています。ミズリー州セントロイス生まれ。後に若いレスラー達のパフォーマンス・アドバイザーとしても活躍しました。
身長1m78cm 体重100kg。

◯ キラー・コワルスキー

キラー・コワルスキー(1926~2008 本名Edward Władysław Spulnik)1952年、コーエン・エリックとの試合中に起きた「耳そぎ事件」や、その風貌、さらに2m近い身長などにより『殺人狂』であるとか『さまよえる亡霊』といったニックネームを持っていました。菜食主義としても知られています。数々のヘビー級王者に輝く実力者でもありました。覆面をかぶってエクスキューショナー1号として活動していたこともあります。ポーランド系カナダ人。
身長1m98cm 体重120kg。

◯ ボボ・ブラジル

ボボ・ブラジル(1924~1998 本名ヒューストン・ハリス)メジャーリーグにおけるジャッキー・ロビンソンのようにプロレスにおける黒人レスラーの草分け的存在で長身から繰り出される必殺技・ココバット(飛び上がっての頭突き)は強力でした。日本では「黒い魔神」のニックネームで知られ、数々の名勝負を残しました。ブラジルと名前がついているので、ブラジル人と勘違いしている人もいますが、これは黒人差別のないブラジルにあこがれて付けられたリングネームです。正しくはミシガン州出身のアフリカ系アメリカ人。
身長1m98cm 体重122kg。

◯ フリッツ・フォン・エリック

フリッツ・フォン・エリック(1929-1997)は、アメリカのテキサス出身ながら、デビュー当初はドイツ・ベルリン出身のナチ・ギミックのヒール(悪役)として売っていました。バロン・フォン・ラシク程強烈でなくても、戦後のアメリカではドイツ系や日系のレスラーはプロモーターからヒールとして売り出されることが多かったようです。片手でリンゴを握りつぶすパフォーマンスが有名で、得意技はアイアンクロー。強力な握力で相手のこめかみを掴み出血させるというものでした。
身長1m93cm、体重125kg

◯ クラッシャー・リソワスキー

クラッシャー・リソワスキー(1926~2005)は殴る蹴るのケンカ殺法で人気を博しました。ディック・ザ・ブルーザーとのタッグは有名で日本では「元祖・極道コンビ」と呼ばれています。単独でもバーン・ガニアを破ってAWA世界ヘビー級のタイトルを獲得した実力者。
ポーランド系アメリカ人。身長1m83cm、体重118kg。

◯ ディック・ザ・ブルーザー

ディック・ザ・ブルーザー(1929~1991 本名ウィリアム・リチャード・アフィルス)この人もまたNFLの出身。荒っぽいラフファイトで知られ、一部地域から追放を受けたこともあります。ルー・テーズやバーン・ガニア、ボボ・ブラジルとも戦い、フレッド・ブラッシーからWWA世界ヘビー級王座を奪取しましたが、ザ・デストロイヤーに敗れてタイトルを失いました。日本では生傷男の異名を取り、クラッシャー・リソワスキーとのタッグチームで活躍しました。
身長1m85cm 体重120kg。

◯ キング・イアウケア

キング・イヤウケア(1936~2010 本名Curtis Piehau Iaukea III.)カメハメハ王朝の血を引く家系で、父はホノルル警察署長でした。彼自身はUCLAに進みアメフト選手として活躍し、22歳でプロレス入り。力道山とも戦いました。USヘビー級王座やNWA北米ヘビー級王座などに輝いています。ハワイ州ホノルルの出身。
身長1m93cm 体重140kg。

◯ スカルマーフィー

スカル・マーフィー(1930~1970)はスキンヘッドに全身無毛という風貌で、海坊主という異名を取り、日本でも人気のあったレスラーです。同じカナダ出身のブルート・バーナードと組んでWWWFで活躍し、USタッグ王者になりました。
身長1m83cm、体重113kg

◯ オックス・ベーカー

オックスベーカー(1934-2014 本名Douglas Allen Baker)はスキンヘッドに特異な眉と髭という強面スタイル、さらには、偶発的な事故で対戦相手が二人亡くなったという強烈なイメージで、悪役レスラーとして有名でした。日本では金網デスマッチでラッシャー木村の左足を骨折させたこともあります。またジャッキー・チェン主演の映画「バトルクリークブロー」やジョンカーペンター監督の映画「ニューヨーク1997」にも出演しています。
身長1m98cm体重154kg

1 2 3 4