1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

行方不明者5人は以前捜索中…36人死亡の九州豪雨の発生から1カ月

福岡、大分両県で36人が死亡するなど甚大な被害が生じた九州北部の豪雨は5日、発生から1カ月となった。

更新日: 2017年08月05日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 25129 view
お気に入り追加

○九州北部の豪雨は発生から1カ月

福岡、大分両県で36人が死亡するなど甚大な被害が生じた九州北部の豪雨は5日、発生から1カ月となった。

福岡と大分で合わせて36人が犠牲となった豪雨の発生から5日で1か月です。

朝倉市内でも被害が大きかった杷木古賀では、捜索活動に先立ち、5日午前10時に警察官たちが犠牲者に黙とうをささげた。

○朝倉市役所で市職員らが黙とう

九州北部豪雨から1カ月 犠牲者に黙とう 今も530人避難、不安抱えたまま sankei.com/photo/story/ne… pic.twitter.com/h5Ekh8h2Z1

福岡県の朝倉市役所では午前10時からの災害対策本部会議で森田俊介市長や市職員らが黙とうした。

甚大な被害が出た福岡県朝倉市では、市役所の災害対策本部で、職員らが黙とうをささげた。

午前10時、市内には防災無線を通じた呼び掛けが流れた。対策本部の職員らは、犠牲者を悼んで約1分間黙とうした。

○36人が死亡した九州豪雨

自宅を失うなどした500人超が今も避難を続け、生活再建への不安を抱えたままだ。自治体は復旧作業を進めるとともに被災者支援に全力を挙げる。

○朝倉市では行方不明者5人の捜索活動や復旧作業が続いている

朝倉市では4日も、消防や警察によって行方不明者5人の捜索活動や復旧作業が続いています。

自宅を失うなどした500人超が今も避難を続け、生活再建への不安を抱えたままだ。

福岡県内では33人の死亡が確認され、朝倉市では依然5人が行方不明。

○台風による新たな被害への不安が広がっている

被災地では、台風による新たな被害への不安が広がっています。

依然、5人の行方不明者の捜索が続く福岡県朝倉市でも接近する台風への備えが始まっています。

また住宅140棟が全壊、約530棟が半壊と認定され、今後さらに増えるとみられている。

○このニュースはネットでも話題になっています

台風ほんとにやだ〜こっちくんな… 今年はもう九州北部豪雨あったんだから、これ以上は勘弁してくれよって気持ち

最近の九州がかわいそう 地震もあったし、豪雨、それから台風 追い打ちかけすぎじゃない?

九州北部豪雨から1ヶ月か… 特番見てるけど、怖い…被災者もっと怖かっただろうな…

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。