1. まとめトップ
  2. 雑学

まるで侵略するUFOか…自然の驚異!信じがたい奇妙な雲

ありえないくらいの形をした雲にびっくりです。

更新日: 2017年08月05日

naokana135さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
29 お気に入り 31004 view
お気に入り追加

グライダー乗りにはたまらない「ロール雲」

モーニング・グローリー(オーストラリア北部で発生する巨大ロール雲)みたい。。。♪ RT @yu_speedbird: フェリーの甲板で。怪しの雲が出てて、みんな写真を撮ってる。 pic.twitter.com/FzPUU8CTYT

ウルグアイ南部のマルドナド県に位置するビーチで観測されたロール雲 pic.twitter.com/1MYik87KDI

ロール雲は山や山脈において、風と地形の影響によって、山頂付近を湿った空気が昇る際に断熱冷却されることでできます。

スコールと呼ばれる強い風が吹き、低い高度には激しいウインドシアができるため、この雲の通過時には地上でも短時間で大きく気圧が変動する

オーストラリアの小さな町バークタウンで、秋になると見られるものが有名。この雲を発生させる気流に乗る「クラウド・サーフィン」のために、グライダー乗りには人気スポットになっている。

モーニング・グローリー(Morning Glory Cloud、巨大回転雲、巨大ロール雲とも表記されることもある)とは朝方を中心に現れる、巨大なロール状の雲の帯のことである。

モーニング・グローリーの雲は高度1~2kmにでき長さは最大1,000kmに達し、最大で60km/hに達する速いスピードで移動する。

まるで、映画のワンシーンに出てくるUFO

めっちゃ怖い(´Д` ) パニック映画かよ!南アフリカ、ケープタウンの町を覆った不気味なレンチキュラー雲 : カラパイア on @karapaia karapaia.livedoor.biz/archives/52204… pic.twitter.com/2PI4ooz1FO

まるでUFOが連なって地球を攻めてきたかのような、不気味ながらもワクワクしてしまう自然現象が南アフリカのケープタウンの町で起きていたようだ。

レンチキュラー雲である。レンチキュラーは『レンズ状』という意味。なので日本ではレンズ雲と呼ばれている。

レンチキュラー雲は、風と地形の影響によって、山間から山頂に湿った空気が流れ込む際に断熱冷却されてできる。上空の風が強いときに発生することが多い。

世界のあちこちで観測されている

米ハワイ州の火山、マウナ・ケア山上空で観測されたレンチキュラー雲。 pic.twitter.com/bvyRrWkoLH

米ワシントン州にあるスカマニア郡にある大型の活火山であるセント・ヘレンズ山の上空で、日没時に観察されたレンチキュラー雲。 pic.twitter.com/zkEAghfGlu

南米チリのプエルト・ナタレスの空で観測されたレンチキュラー雲。レンチキュラーは「レンズ状」という意味で日本ではレンズ雲とも呼ばれる。 pic.twitter.com/zN8b4h313d

大雨や雷の前ぶれ!見たら避難…乳房雲

見つけたら危険のサイン、嵐の前触れ。アメリカでは乳房雲はトルネードの前兆だといわれて恐れられています。乳房雲を見たら、建物の中にすぐに避難しないといけないと教えられることもあるのだとか。

大気の状態がとても不安定になり発生しています。今後、強い雷雲が発生し、激しい雨や突風などが起こる可能性があります。

雲底からこぶ状の雲がいくつも垂れ下がっている状態の雲。乳房雲(ちぶさぐも、にゅうぼうぐも)という。 pic.twitter.com/Lh7lC8BDGM

【乳房雲】雲底で下降気流や渦流が発生しているとき発生する雲。 乳房雲の出現は強い下降気流の発生を示唆しており、下降気流に伴って降る大雨や雹、雷に注意が必要。 pic.twitter.com/9lAN7mc1Wt

迫力あり過ぎ、シェルフ雲が怖すぎ

アーチ雲は棚雲(シェルフ雲)とも呼ばれる気象現象の一種で、荒天時に見られ、積乱雲や積雲の雲底近くにできる雲である。

アーチ雲は巨大なお椀や皿をひっくり返した形や竜の巣みたいなのが多いが、これは本当に津波のような形

1 2





北海道の旬の話題やニュース、雑記、芸能ニュースとか