1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

前も後ろもケガ人だらけ…サッカー日本代表が今度こそ大ピンチ

8月の末にワールドカップアジア最終予選のオーストラリア戦を控えているサッカー日本代表ですが、ここにきてけが人が続出しており前途多難な状態のようです。ハリルホジッチ監督は「就任以来最も難しい状況」と語っています。果たして日本代表はワールドカップに行けるのでしょうか。

更新日: 2017年08月07日

6 お気に入り 80543 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハリルジャパン大ピンチ?怪我人だらけで「最も難しい状況」

8月の末にサッカーワールドカップアジア最終予選のオーストラリア戦を控えている日本代表ですが、前途多難な状況にあるようです。それというのも代表の主力選手に故障者が続出し、ハリルホジッチ監督も代役探しに本腰を入れなければいけない状況にあるようです。

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が5日、約1カ月半の休暇を終え、自宅のあるフランスから成田空港着のエールフランス機で再来日した

出迎えの協会関係者を見つけると笑顔を見せ、「元気です」と語ったハリル監督だが「選手に問題が起きている。けが人が多い」と厳しい表情を浮かべた。

「私が来日してから最も難しい状況が今」

バヒド・ハリルホジッチ監督

今や代表の要となっている大迫が右足首の靭帯損傷…

ケルンは8月1日、日本代表FW大迫勇也が右足首じん帯損傷で離脱を強いられると発表した。クラブ公式ツイッターが伝えている。

大迫は7月31日に行われたボローニャとのテストマッチに先発出場。しかし開始12分、相手シュートを右足でブロックした際に足首を捻ったという。

DFの要である吉田麻也も左太腿を痛めたという

サウサンプトンの日本代表DF吉田が、ホームで行われたセビリア(スペイン)との練習試合に先発したが、左太腿を痛めて途中交代した

後半10分に相手選手と交錯。治療後に一度はピッチに戻ったが「無理すべきではない」と判断し、自ら交代を申し出た

12日に控える開幕・スウォンジー戦の出場については「腫れと内出血が少なければ何とかなる」と話した。

同じくセンターバックの森重も今季絶望の大怪我

J1のFC東京は28日、DF森重が左腓骨筋腱脱臼で全治約4カ月と発表した。

森重は、2日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節のセレッソ大阪戦(1-3でFC東京が敗戦)で負傷。

その後、チームドクターの診察を受けて、25日に埼玉県内の病院で手術を受けた。

篠田監督が「今年は厳しいと思います」と話しており、今季中の復帰は絶望的となった。

チームからのリリースもあると思いますが無事手術を終えリハビリを再スタートします。ドクターを始め病院のスタッフの皆様には本当に感謝です。 さて、前へ #fctokyo #森重真人 #nike pic.twitter.com/3AL98WhFKY

6月に脱臼した香川はやっとチームの練習に完全合流する段階だ

6月7日に左肩を脱臼したMF香川真司(ドルトムント)も回復途中

香川はこれまでの強化試合でベンチ入りすらしていない。トレーニングでも対人練習は出来ない状態にあったようである。

.@S_Kagawa0317 soll in der kommenden Woche wieder voll ins #BVB-Training einsteigen. (Foto: @FotoKirchner) pic.twitter.com/7BIb7NE3xX

来週末には国内カップの試合が予定されているが、香川は間違いなく欠場する予定だという。また、ようやくチームのトレーニングに完全復帰する段階のようである。ブンデスリーガの開幕に間に合うかどうかも微妙なところのようだ。ドルトムントは香川の肩の具合について"細心の注意"を払っているという。

BVB: Toprak bricht sich beim Test in Erfurt das Nasenbein | RevierSport goo.gl/BBwaUg やっと出てきた Kagawa wird mit Vorsicht behandelt

香川選手には、二度と再発しないよう我々は細心の注意を払う必要がある。 ポカール1回戦には間違いなく出場しない。

1 2