1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

猛暑日を観測‥有名人の暑さ対策にグッズや自作クーラーが登場

各地で気温が上がり熱中症に関するニュースが増加傾向…気になるのが、暑さ対策やアイテムなど‥さらに手作りクーラーも登場

更新日: 2017年08月06日

27 お気に入り 38610 view
お気に入り追加

熱中症が原因とみられ事故が多発しています。

兵庫県香美町の墓地で89歳の男性が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

男性はこの日午前、妻と2人で墓掃除に出掛けたが、帰りが遅いのを心配した長男(62)が見に行ったところ、2人とも倒れていたという。

同町で今年最高となる36・2度を記録。同署は熱中症の可能性があるとみて死因を調べている。

・仙台市では、幼稚園送りの祖母「失念」3歳男児死亡

仙台市泉区加茂の民家の駐車場で「孫が車内でぐったりしている」と祖母から119番があった。

通報した祖母は警察に対し「午前中に孫を車内に残したまま車を離れ、その後、車にいるのを忘れてしまった」などと話しているということです。

脱水症状などがみられ、熱中症で死亡した可能性が高いことが分かりました。

台風の影響か…各地で猛暑日の予想‥熱中症が心配されます。

各地の最高気温は、松江市37・7度(同31・8度)▽境港市37・6度(同31・7度)▽米子市37・5度(31・8度)-など。

大阪府大阪市、兵庫県豊岡市、鳥取県米子市、山口県山口市の4府県で38度となる見通しです。

NHKテレビ 大きく『熱中症に注意』のテロップが出ています。今日の予想最高気温も出ていましたが 大阪は何と38度です。2週間後が心配です。

そうした中、気になるのが暑さ対策や熱中症に関連するが話題

一般的に人間は1日約2.5リットルの水分を尿や汗などで失います。夏場は汗をかく分、3リットル程度が失われると考えておけばいいでしょう。ですからコップ1杯分の水を1時間ごとに10~15回に分けて飲むのが理想です

消化機能が低下して、下痢・腹痛・消化不良が起きたり、口を開けて寝ていた場合は気道の免疫力が低下して風邪などを引きやすくなるのだとか。

直接当たり続けないことが大切ですので、首振りにしてゆっくり周囲の空気を動かし、皮膚表面の同じ場所に風が当たり続けないように

有名人からも暑さ対策にコメントが上がっています。

夏の暑さ対策について「体を冷やさない寒さ対策のほうが大切。シルクの靴下を履いています

夏バテについては「食べることが好きなので、あまり食欲がない時はない。ロケの時はずっとミニ扇風機を持ち歩いてる。

佐藤友則騎手(笠松)は「野菜が多めの食事と、クエン酸を飲むなど心がけています」という。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。