1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

murdermurderさん

メイウェザー「あともう1試合」を検討 51戦目はマクレガーとの再戦か

初戦

ついに実現!!100億円マッチ

試合決定までの経緯

ボクシングの元5階級王者で49勝無敗で引退したフロイド・メイウェザー・ジュニア(40)と、総合格闘技のUFCで2階級王者であるコナー・マクレガー(28)が、ついに8月26日にラスベガスで対戦することが決定した。米国のヤフースポーツなど複数の米国メディアが報じたもので、メイウェザー、マクレガー共にソーシャルネットワークを使い正式決定を明らかにした。

同報道によると試合は異種格闘技ルールではなく、12ラウンドの純粋なボクシングルールで行われ、グローブは10オンスのものが使用される。ショータイムがPPV(有料放送)で放映。またそれぞれのファイターが1億ドル(約100億円)のファイトマネーを手にするという。マクレガーは、現在、ネバタ州にボクシングライセンスを申請中だという。

メイウェザーは2015年9月のアンドレ・ベルト戦を最後に引退していた。だが、UFCで史上初の2階級制覇を成し遂げたマクレガーは、メイウェザーとの対戦を熱望。昨年11月には、カリフォルニア州でプロボクシングのライセンスを取得するなど、対決気運が盛り上がり、先月、マクレガーがUFCのトップのダナ・ホワイト氏と会談をもって試合許可を得て、メイウェザー側が8月26日の会場を押さえるなど話が具体化していた。またメイウェザーがマクレガーのトレーナーをパッキャオらを見ている名トレーナーのフレディ・ローチに依頼。ローチ氏が、「1ラウンドも取られないだろう」と発言するなど両陣営の準備も着実に進んでいた。

まだマクレガーのボクシングライセンスの申請が許可されていないため、正式決定とは言えず、「リーチがかかった」との表現で止めるメディアもあるが、全米の格闘技ファンが楽しみにしていたドリームマッチがついに現実のものになりそうだ。

グローブ問題

8.26 フロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガーのグローブが10オンスから8オンスに変更

米国ネバダ州のアスレチックコミッション(NSAC)は8月26日(日本時間27日)に行われるフロイド・メイウェザーとコナー・マクレガーのスーパーウエルター級12回戦において、両者が10オンス(約283グラム)のグローブを着用するように義務付けた。

「ならば、8オンスのグローブで試合をやろうじゃないか。マクレガーはどのメーカーのグローブを使っても構わないさ。俺はグラント社のものを使う。マクレガーがリング上で自分が有利になると思えるのなら、何でも願いを聞いてやるさ。ボクシングと格闘技のファンに彼らが見たいものを提供しようじゃないか」。

しかし、NSACの事務局長を務めるボブ・ベネット氏はこのメイウェザーの要求を却下。同氏はスポーツ専門局のESPNに対し、「NSACにとって選手の健康と安全を守ることは最重要事項。我々のルールではその階級で適切なグローブを着用するように定めている」と語った。

ビッグマッチを関係者はどう見る?

マイク・タイソン「マクレガーはメイウェザーにブッ殺される」

マイク・タイソン
ボクシング王者

1 2 3 4 5 6 7 8