1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ダルビッシュも完全否定!読唇術ってどれくらいの精度なの?

バラエティ番組「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」でダルビッシュ選手の高校時代の甲子園での映像が読唇術によって解説された内容が放送されましたが、ダルビッシュ選手自身がその解説内容を完全否定し、読唇術の信頼性に疑問を呈しています。

更新日: 2017年08月07日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 79112 view
お気に入り追加

■ダルビッシュ、キリトルTVで放送された内容を完全否定!

絶対言ってないです(笑) 前にwbcの時の城島さんとの会話を確認してくださいと言われて見たことあったけど、全く違うくて読唇術って信用できないなと思いました。 https://t.co/pertz5EEvt

ダルビッシュ有が自身のTwitter上で、バラエティ番組「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」(テレビ朝日系)の放送内容を完全否定した

■番組では読唇術を用いて当時のダルビッシュ投手の言葉を解読した

同番組では2004年夏の甲子園で、千葉経大付(3回戦)と対戦した宮城・東北高時代のダルビッシュに注目

番組は読唇術を使って独り言を分析したとして「最後かな。ドキドキするわ。クソー!終わらせねーぞ!これ!」というテロップをつけて紹介した

結局キリトルTVもただの捏造番組だったのか。てっきり本人確認してるのかと思ってたわ。

キリトルTVの読唇術のやつ ちゃんと確認した方がいいんじゃないかい

キリトルTVの読唇術ってただでさえ胡散臭いのに本人に確認とか許可すら取ってない推測を放送してたんだ。さすがにない。

■そもそも「読唇術」って?

相手のくちびるの動かし方を見て、相手の言葉を理解する技術

ルーツは18世紀、グラハム・ベルの父で聾唖教育家のメルビル・ベルが発明したとされる

■読唇術ってどれくらいの精度なの?

単語単位で正確に聞き取っているわけではなく、長い言葉、すなわち文脈から読み取れなかった部分を推測で補っている

発話文脈の考慮による発話内容の推測も難しいことを考えると、たとえビデオ映像を何度も繰り返し再生して読み取りを試みたとしても、さほど信頼が置けるものとは言い難い

■「同口形異音語」によって解釈はとても困難に

日本語には唇の動きは同じですが、別の発音をする「同口形異音語」が多数存在します

音の組み合せによっては、「タバコ、タマゴ、ナマコ」のように同じ唇の動きで全く違う言葉の組み合わせも生じてきます

そういうときは前後の話から推測して何を言っているのかを当てないといけない

■習得するのは非常に困難…

生まれついての難聴の方などが、自分が生き、生活していくために身に着ける特殊技術であり、そんな難聴の方々の中にも、うまくできるようになれる方と、そうではない方がいる

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします