1. まとめトップ

加計学園の建築設計をしている『SID創研』という謎の会社!建築費の水増し疑惑

加計学園の建築設計をしている『SID創研』という謎の会社についてまとめました。加計学園には、建築費の水増し疑惑が持ち上がっています。

更新日: 2017年08月07日

0 お気に入り 4214 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

加計学園の建築設計をしている超絶不透明企業SID創研がマネーロンダリングの中心にあるとふんでます。 安倍昭恵・加計泰代ラインがまたいろいろと悪さをしていて、加計泰代と加計学園の事務長渡邉良人がお金について実質動かしていると、 「聞いています。」

今治市議会に提出された獣医学部の建設費の見積書によると、獣医学部は「鉄骨造り」で建設費は約148億円。施設面積は約9840坪で、坪単価は約150万円。

一般的な理系大を「鉄骨造り」で建築した場合、坪単価は96万~104万円になる計算である。ところが、加計学園の獣医学部は150万円となっている。

◆謎の会社であるSID創研

今治加計学園の設計をしているSID創研の役員に、加計孝太郎の妻、加計泰代が入ってる。SID創研は完全にグループ会社だ。

加計問題の核心はやはりお金の問題です。お金が絡まないのに政治家は動きません。建築費水増、補助金詐欺、SID創研、妻・泰代、渡邉事務長によるマネーロンダリング。それらが向かう先は総理。 総理補佐官が言った言わないとか生ぬるい話じゃなくて、総理が関与する平成最大の贈収賄事件です!!

加計孝太郎の妻・泰代が役員を務めるSID創研が加計問題のマネーロンダリングの中核にある。学園事務長・渡邉義人、下村にお金を渡した秘書室長・山中一郎、と妻・泰代がお金まわりの汚れ仕事を担当しているとの情報。お金の流れを追いかければ加計問題の真相が見えてくる。行きつく先は総理か?

◆加計学園の建築費水増し疑惑

今治市が上物(校舎建設など)費用の半分を負担する加計学園獣医学部。文科省が定める大学設置基準の6倍もの建設費を計上

今治市は加計学園に求められるままに192億円の半分にあたる96億円を交付する。3月、加計学園から申請があると、今治市は即日決定し即日加計学園に通知した。

今治加計の建築をするSID創研がとにかく不透明だ。今治加計の設計は、SIDと大建設計となっているが、SIDに実務的設計能力はないので、要するに名義貸しだ。 SIDが補助金を水増しして得た利益を赤字の大学や政治家に配ってる。SIDの関係者が自白すればとんでもないことになる。

SID創研を当たり始めた記者たちから、SIDの関係者の証言が出始めた。「補助金を建築費水増しで着服し、SIDにプールして大学に寄付で返すようなことをしていた。」千葉科学大学を調べる記者からは「千葉科大の建物はプレハブみたいなものおそらくここでも建築費水増しがあっただろう。」

安倍総理は言った「友人の加計孝太郎におごってもらうこともある。」 加計孝太郎は今治加計学園で建築費水増しをしかけてる。千葉科学大学でも建築費水増しが疑われてる。目的は補助金の水増し請求だ。 孝太郎の妻・泰代が取締役を務める不透明企業SID創研が間に入り、補助金がどこかへ。。

1