1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ノロマだった?最新の研究が「ティラノサウルス」のイメージを崩壊してく

恐竜界のスーパースターと言えば「ティラノサウルス」。そのイメージは獰猛で"超肉食系"ですが、最新の研究が、そのイメージをどんどん壊してくんです。

更新日: 2017年08月07日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 50412 view
お気に入り追加

恐竜界のスーパースターと言えば「ティラノサウルス」

▼最近、ティラノサウルスについて分かってきたことがなんか違う

足が遅かったかもしれない

広く一般に信じられているほど俊足ではなかったことが、コンピューター・モデルを使った最新の研究で明らかになった

「最高で時速20キロ程度」という新説を発表したのは、英マンチェスター大学のウィリアム・セラース教授をはじめとする研究チームだ

スーパーコンピュータを使って、2足歩行する5種の肉食恐竜の走行速度を特定することに成功

顔はワニに似ていたかもしれない

ティラノサウルス科の恐竜の顔が「ワニによく似ていた」とする研究成果が、3月30日に科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された

ティラノサウルスの顔は、現在のワニに見られるような触覚感度の高い、大きく平たい鱗で覆われていたという

羽毛に覆われていたかもしれない

羽毛など最も似合わない。しかし、知らないうちに恐竜研究は大きく進んでいた

羽毛が生えていたという説はそもそも、2004年に中国で「ディロング」というティラノサウルスの先祖(約1億2800万年前に生息)にあたる恐竜のほぼ全身の骨格が発見されたことに端を発する

WebMOVEによると、モンゴルや中国で発見された化石から、羽毛の痕跡が見つかっているが、全ての種類が成長しても羽毛を生やしていたかはまだ分からないという

唇があったかもしれない

トロント大学の古生物学者が、どうやら恐竜には口唇があったと言っているそうです

ティラノサウルスの牙はエナメルで薄くコーティングされていた。虫歯を防ぐには、エナメルの湿気を保たねばならない

今日の大型爬虫類がこの説を支持しており、例えばコモドオオトカゲの歯はきちんと覆われている

こんな状況にがっかりする声も多い

というか私が子供の時に教わったティラノサウルスと最新の科学で分かったティラノサウルスが違いすぎていろんな意味でショック受けて帰ってきたわ…

ティラノサウルスの体の大部分に羽毛が生えていたなんてなんかショック。声も甲高くなってるしイメージが壊れて行く〜、最新の羽毛付きティラノでジュラシックパークやれば面白いだろうな。

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。