日本縦断しようとしてる「台風5号」に警戒よびかけ

歴史に残る長寿台風となった「台風5号」によって、大きな被害が出ています。死者やけが人が続出。非常にスピードが遅いということもあり、これから数日は予断を許さない状況です。

更新日: 2017年08月07日

5 お気に入り 36107 view
お気に入り追加

すでに多くの影響が出ている台風5号

台風5号の影響で2人が死亡し、強い風にあおられるなどして16人がけが

避難勧告が、香川県、徳島県、三重県、和歌山県、愛媛県、奈良県、静岡県の合わせて5万1562世帯、11万7167人に出ています

和歌山県田辺市:30世帯46人に出していた避難勧告を、午後1時に避難指示に切り替えました

【台風5号】和歌山県南部の観光地や自治体も警戒 白良浜遊泳禁止、千畳敷立ち入り禁止… sankei.com/west/news/1708… pic.twitter.com/KKqGkqMXkF

7日、四国や近畿では大雨・暴風・高波となった。

航空各社は、台風の進路によっては今後、さらに欠航が増えるおそれがあるとして、ホームページなどで最新の運航情報を確認するよう呼びかけ

フェリーは一部の離島航路を除き各社欠航しています

その他、鉄道も運転見合わせが非常に多くなっている。

8月7日に予定しておりました第99回全国高等学校野球選手権大会の開会式ならびに大会第1日の3試合は台風5号の影響により中止し、8日に順延致します。開会式が順延されるのは第6回、第42回、第96回に続き、4回目です。#甲子園 #高校野球 #第99回全国高等学校野球選手権大会

歴代1位もあり得る「長寿台風」

長く“迷走”し、速度が遅く、5日に奄美地方で「50年に1度」(同庁)の大雨を降らせた。9日夜まで勢力を保った場合、歴代1位に

8日には東日本に達する見込みだが、動きが遅く、大雨など影響が長引く可能性がある

8日にかけて各地で暴風が吹き荒れる

8日午前9時には長野県上田市付近に、9日9時には日本海に進み、10日9時には温帯低気圧になっている見通し

8日にかけての最大瞬間風速は、四国で45メートル、近畿で40メートル、東海・九州・中国・北陸で35メートル、関東甲信で30メートル

【台風5号実況・予報 2017年08月07日 09:55】 台風5号は、室戸岬の南西約30kmを毎時20キロの速さで東北東に進んでいます。 pic.twitter.com/pPz7QP6l3g

今後もかなりの影響が出る見込みです

8日朝から9日の朝までにはいずれも多いところで、関東甲信と北陸、東北で200ミリから300ミリ、東海で100ミリから150ミリの雨が降ると予想

台風の東側では、台風から少し離れていても、南から暖湿気流が流入し、大雨の可能性があります

徳島県と愛媛県では、土砂災害の危険性が非常に高まり自治体が避難勧告を出す目安とされる「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります

1

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。