1. まとめトップ
  2. 雑学

面積が減少してる?「鳥取砂丘」が抱える問題は知っておいたほうがいい

日本でも有数の観光スポット「鳥取砂丘」。そんな鳥取砂丘には様々な問題を抱えてることはご存知でしょうか?

更新日: 2017年08月08日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 37207 view
お気に入り追加

日本でも有数の観光スポット「鳥取砂丘」

十万年の歳月の中で少しずつ積み上げてできた偶然の造形美「鳥取砂丘」

個性的な地形や見どころも多く、季節や時間帯によって様々な表情を見ることができる

そんな鳥取砂丘には様々な問題を抱えてることはご存知でしょうか?

実は鳥取砂丘の景観を守るのも大変な努力が必要だという事をご存知ですか?

数十年で40mも海岸線が後退している

夏休みを迎えて行楽客でにぎわう海水浴場をはじめ、鳥取県内では海岸の砂浜の縮小が深刻化している

過去50年間で40メートルほど後退しており、周囲の植物が砂丘側に成長してくることが原因のようだ

近年冬季風浪や砂の供給源の減少による浸食作用を受け、海岸汀線が後退してきました

強風や雨に打たれたりすると、砂丘の表面は強い侵食作用にさらされる

雑草が生い茂る

鳥取砂丘では平成2年ごろに地面が見えないくらい雑草が繁茂したり、松が生えたりしました

1970年頃から雑草が繁茂し、砂の移動が減少して美しい風紋や砂簾が見られにくくなったり、砂丘本来の美しい景観を損ねたりするなど、砂丘の草原化が深刻な問題になっています

近年来、外来植物のオオフタバムグラが爆発的に生育し分布を拡張している

平成22年度からは、夏季ボランティア除草に加え、団体による除草を通年で実施し、観光客による除草体験も始めました

鳥取砂丘再生会議では、定期的に鳥取砂丘ボランティア除草を実施

ゴミのポイ捨ても深刻

鳥取砂丘のゴミ写真/このようにゴミがぎゅうぎゅうに捨てられておりました(次の投稿へ続く→) pic.twitter.com/fvS9tOn8EF

県条例で落書きやごみのポイ捨てなどを禁じているが、観光客の中には知らない人も多い

タバコの吸殻やお菓子の袋、ペットボトルなどが捨てられていて残念な気持ちになります

落書きの被害は少なくない

砂丘事務所によると、落書きは確認されているもので1年に数百件あるというが、ここまで大きいものは年に数件だという

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する