1. まとめトップ

【画像】体重34キロ 鈴木明子の壮絶拒食症の過去がネットで話題に

「3年間は肉を食べれなかった」「食べることへの恐怖がつきまとう」。拒食症に苦しんだ元フィギュアスケート選手・鈴木明子にパワーを与えたものとは?仰天ニュースの内容・ネットの反応まとめ。

更新日: 2017年08月11日

1 お気に入り 78079 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

game7lさん

体重34キロ 元フィギュアスケート選手 鈴木明子の壮絶拒食症の過去が仰天ニュースで話題に

元フィギュア選手の鈴木明子も、かつては拒食症に苦しんでいた。「1キロ減らせばジャンプが跳べる」、そんなフィギュアスケートのコーチの言葉がきっかけで、体重を減らすことを決意した鈴木は、次第に痩せることに執着しはじめ、しまいには34キロまで落としてしまう…。壮絶な苦しみを乗り越え、2回ものオリンピックに出場させるパワーを与えたものとは?

鈴木は当時を振り返り、安藤美姫や浅田真央といった自分の年下の選手たちのスタイルがよく見え、「もうちょっと足が長かったらな」などとコンプレックスの塊だったといい、「変えられるのは体重しかなかった」「自分は太っちゃいけないんだ」と、太ることへの強い恐怖感があったと語る。

拒食症から立ち直ったワケ

母はスケートを続けたい明子に食べられるものから食べればいいと告げた。この言葉に救われたという。それから食べ物を少しずつ口にできるようになった。

拒食症を克服した鈴木明子は食べることができないことで自己嫌悪、食べることへの恐怖がつきまとう、発症から3年は肉が食べられなかったなどと話した。

ありのままの自分に自信を持つ。これが、拒食症を通じて得たこと。

ネットの反応

【世界仰天ニュース】#鈴木明子 さんが拒食症だったなんて知らなかった(´・_・`)ボクシングとか体重制限があると一歩間違えると拒食症になってしまうんだろうな・㉨・ pic.twitter.com/qHBva45gtd

仰天で拒食症のやつしてるけど、バランスよくしっかり食べて適度に運動して作った身体が健康的で魅力的な身体! pic.twitter.com/cJmZs7gA4W

1 2