1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

●がんと診断された患者5年生存率は65.2%だったと発表

国立がん研究センターは9日付で、2008年に全国のがん診療連携拠点病院209施設で

初めて集計を行った前年と比べ、0.9ポイント上昇した。

●209病院の21万4469症例を分析

2008年にがんと診断された人で、全国の「がん診療連携拠点病院」など425病院のうち、

患者の生死を90%以上把握している209病院の21万4469症例を分析した。このうち、188病院が個別データの公表に応じた。

・相対生存率は、患者の生存割合である実測生存率を割って算出

相対生存率は、同じ性別や年齢での期待生存率で、患者の生存割合である実測生存率を割って算出

今回の集計では実測生存率も示した。その結果、70歳、80歳以上で、両生存率に乖離が見られた

5年生存率をはじめ、患者の年代、がんの進行度を示す病期(ステージ)ごとの患者数などが公表されている。

ただし生存率は、治療開始時のがんの進行度や年齢などが考慮されておらず、治療の優劣を示すものではない。

●がんの部位別の生存率は、前立腺97.7%と最も高い

がんの部位別の生存率は、高い順に前立腺97.7%、女性乳房92.7%、子宮体部82.8%、子宮頸部(けいぶ)75.6%、

一方、低いのは、早期発見が難しいすい臓がんの9.9%、次いで肝臓がんの38.5%だった。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

おお、こういうの発表してる雑誌は前からあったけどがん研が発表するのは初なんだ? // <がんセンター>がん生存率188病院公表 肝、肺で高低差 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-…

がんセンター:がん生存率188病院公表 肝、肺で高低差 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20170… @早期発見してちゃんと治療すれば治るガンもある。

膵臓だけが一桁か。 / “<がんセンター>がん生存率188病院公表 肝、肺で高低差 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース” htn.to/E8teHd

こうして見ると子宮体がん、子宮頸がん、乳がんの生存率は高いんですね。 <がんセンター>がん生存率188病院公表 肝、肺で高低差(毎日新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-… @YahooNewsTopics

肺、肝臓、すい臓のがんは生存率低いのね。とくに肝臓は怖いかもな。 がん5年生存率、65.2%=188病院ごとデータも-国立がん研究センター:時事ドットコム jiji.com/jc/article?k=2… @jijicomさんから

癌によってこんなに違うんだ…。でも、実際は人によるんだろうな。 がんセンター:がん生存率188病院公表 肝、肺で高低差 mainichi.jp/articles/20170… #スマートニュース

・一方でこんな声も‥

85歳以上の4期がん、膵臓60%,肺58%,胃56%の患者が無治療(国立がん研究センター)。放ったらかしにされるみたいだが手術や抗がん剤治療に耐える体力がなくて完治の見込みもないなら仕方ないな、無用な苦痛を与えるのが治療ではない。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。