1. まとめトップ

お尻のニキビを解消してツルツルのお尻になる方法!

自分では見えないし鏡で見るのも簡単ではないですし、普段見せるところではないのでニキビなどで汚い状態になっているとマイナス方面でインパクトが強いです。そんなお尻をキレイにする方法をまとめました。

更新日: 2017年10月24日

ronnoqototoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 1627 view
お気に入り追加

実は皮脂が溜まりやすくニキビができやすいお尻

顔を手で触る回数が多いと肌トラブルが起きやすいと言われますが、お尻は下着などの圧迫や座ることでの圧迫などで同様の状態になりやすい部位と言えます。

お尻は、日常生活の上で、座ったり下着で圧迫されたりと、外部からの刺激をうけやすい為、肌表面の古い角質が溜まりやすくなる部位です。角質が厚くなり毛穴のつまりを起こすと、ニキビや吹き出物も発生しやすくなります。処置をしないでおくとニキビの跡がそのまま黒ずみ、シミに変化してしまうこともあるので注意が必要です。

お尻は非常に乾燥しやすい部位です。
外部から受ける刺激が多い上、皮膚が厚く硬いせいで、潤いも少なくなりがちです。
乾燥している分、皮脂分泌も多いため、毛穴に古い角質や皮脂が詰まりやすく、それが原因でニキビが出来てしまいます。

お尻は普通に生活しているだけでも服による摩擦で過角化が進みやすく、また、座ることによる圧迫で皮脂も溜まりがちになるため、ニキビが特にできやすい部位と言えます。

どんな治し方がある?

痔の防止にドーナツ型クッションを使ったりしますが、そういったケアなどをすることで通気性が良くなりニキビの改善にも繋がります。

かたく通気性の悪い椅子にはクッションを敷いたり、適度に立ち上がる機会を設けたりすることがおしりニキビの予防にも有効です。通気性を改善することで、おしりの皮膚の負担や蒸れを軽減することができます。

ニキビのできるメカニズムは同じなので、保湿などやるべきことは一緒です。

お尻の皮膚はとてもデリケートですが、刺激、摩擦、圧迫、ムレなど、日々ダメージにさらされ続けるパーツ。お風呂で洗った後はしっかりとすすぎ、適度な保湿を心がけるようにしましょう。

こちらも顔のニキビと同じですね。
油ものを減らしたり睡眠時間を適切にしたり生活習慣を改善しましょう。

栄養を偏りなく、必要な分だけ摂ることで、身体の調子が整い、肌のターンオーバー(新陳代謝)も活発に行われることが期待されます。これによって必要以上に多い皮脂の分泌がおさまる場合や、すでに分泌された皮脂が毛穴から排出されることが期待されます。
また、脂っこい食べ物や刺激物は皮脂の分泌量が増える原因となるため、とり過ぎないよう注意が必要です。

しっかりとしたスキンケアと言えばエステです。
自分ではなかなかケアが行き届きにくい場所ですので効果的と言えます。

お尻は体の中でも非常に皮膚が厚く、化粧品等での効果は表れにくい部位なのでプロにお任せしましょう。

塗り薬やレーザーなどで治療をすることもできます。

おしりニキビの治療方法として、美容皮膚科や皮膚科で、専門家である医師の治療を受ける、という選択肢があります。医師の診断によって患者の肌の特徴を適切に判断してもらえるため、症状や体質にあった治療を受けることができます。

1





ronnoqototoさん