1. まとめトップ

「グアムへ4発発射!」計画では終わらない北朝鮮のミサイル攻撃!

口だけでは終わらない北朝鮮の威嚇!日本の上空を越えるグアム攻撃を黙認するしかないのか・・・8月中旬にまとめられる計画を実行する勢いがある最近の北朝鮮だが

更新日: 2017年08月10日

1 お気に入り 2121 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

baba8さん

■北朝鮮の計画

【ソウル時事】10日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍司令官は9日、中距離弾道ミサイル「火星12」4発を同時に米領グアム島周辺に向けて発射する計画を検討していることを明らかにした。

[ソウル 10日 ロイター] - 北朝鮮は、中距離弾道ミサイル4発を米領グアムに向けて発射する計画を8月中旬までにまとめた上で金正恩朝鮮労働党委員長に提示し、実行に移すかどうか委員長の判断を待つ方針だ。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の写真(共同)

北朝鮮メディアの朝鮮中央放送は、戦略軍のキム・ナクギョム司令官がこの日、「すでに明らかにしたように我々の戦略軍はグアム島の主要軍事基地を制圧・牽制し、米国に厳重な警告信号を送るために中長距離戦略弾道ロケット『火星12』4発の同時発射で進行するグアム島包囲射撃案を深重に検討している」と発表した、と報じた。

「火星12」は島根県、広島県、高知県の上空を通過することになると説明。1065秒間、3356.7キロを飛行してからグアム島と周辺30~40キロの海上に着弾すると威嚇した。

短距離弾道ミサイル(SRBM)=射程距離1000キロメートル未満
準中距離弾道ミサイル(MRBM)=射程距離1000キロ以上3000キロ未満
中距離弾道ミサイル(IRBM)=射程距離3000キロ以上5500キロ未満
大陸間弾道ミサイル(ICBM)=射程距離5500キロ以上

KCNAによると、朝鮮人民軍の報道官は、金正恩朝鮮労働党委員長が命令を下せば直ちに攻撃計画が「複数回にわたり連続的に実行される」と述べた

■グアムを狙う理由

グアムには米爆撃機が発進するアンダーセン空軍基地があり、声明は作戦計画について「アンダーセン基地を含むグアムの主要軍事基地を制圧・けん制し、米国に厳重な警告メッセージを送るためだ」と主張。

「死の白鳥」の異名を持つ米国の戦略爆撃機「B1-B」

北朝鮮は7月4日と28日には大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の発射実験を強行。これを受けて、米軍のB1戦略爆撃機2機が30日、アンダーセン基地から発進し、朝鮮半島周辺や上空を飛び、自衛隊機、韓国軍機とそれぞれ共同訓練を実施した

■アメリカの反応

アメリカ軍によると、8日にも朝鮮半島や東シナ海の上空などで、日本や韓国とそれぞれ訓練を行ったという。北朝鮮をけん制する狙いがあるものとみられ、アメリカ軍は声明で「今夜にでも戦う準備がある」としていた。

アメリカ トランプ大統領

トランプ大統領は8日、記者団に対して、「北朝鮮はこれ以上、米国を脅さない方がいい。世界が見たこともない炎と激怒で対抗する」と述べた。

一方で、トランプ大統領の発言に対して海軍出身で米政界重鎮のジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州、共和党)は、「自分が見てきた偉大な指導者は、行動する用意がなければ相手を脅したりしなかった。トランプ大統領に行動する用意があるのか、確信がもてない」と述べた。

■日本の対応

朝鮮中央通信は9日、「敵基地攻撃能力」保有の検討に言及した小野寺五典防衛相や、安倍晋三首相を名指しで非難し、「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる能力を備えて久しい」と威嚇する記事も報じた。

小野寺防衛大臣

日本の防衛省は9日、航空自衛隊のF2戦闘機2機と米空軍のB-1B戦略爆撃機2機が九州周辺で8日に共同訓練を行ったと発表した。

■ぶれない北朝鮮

トランプ大統領の「炎と怒り」の発言についてKCNAは「全く無意味」とし、「このように理性を欠いた人物との健全な対話は不可能であり、同氏には絶対的な力のみが有効だ」と言明、北朝鮮は米国の言動を引き続き注視すると伝えた。

金正恩朝鮮労働党委員長

朝鮮人民軍の報道官は、金正恩朝鮮労働党委員長が命令を下せば直ちに攻撃計画が「複数回にわたり連続的に実行される」と述べた。

今月21日からは、北朝鮮が激しく反発するアメリカ軍と韓国軍による合同軍事演習が始まる予定で、緊張がさらに高まることは必至だ。

1