1. まとめトップ

北朝鮮ミサイル発射計画次はグアムへ??

北朝鮮がグアムへミサイルを発射しようと計画しているそうです。もし、ミサイルが発射されれば日本上空を通過する可能性も、、、

更新日: 2017年08月10日

11taka12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 697 view
お気に入り追加

■北朝鮮ミサイル発射計画

【ソウル時事】10日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮軍の金絡謙・戦略軍司令官は9日、中距離弾道ミサイル「火星12」4発を同時に米領グアム島周辺に向けて発射する計画を検討していると表明した。計画では、ミサイルは「島根、広島、高知の各県上空」を通過し、グアム島周辺30~40キロの水域に着弾することになると述べた。

朝鮮中央通信(KCNA)は「グアムに置かれた主要軍事基地の敵軍を阻止し、米国に重大な警告を送る」ための計画を北朝鮮軍が策定していると伝えた。

計画は金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が決断を下せば「いつでも同時多発的、連続的に実行される」としている。

■これに対しアメリカは

トランプ米大統領は今週、北朝鮮がこれ以上米国を脅かせば「世界がかつて見たことのないような炎と怒りに直面することになる」として北朝鮮をけん制

ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領はその後、核兵器開発を続ける北朝鮮を強く非難し、同国政府が米国への脅しを続けるのであれば「炎と怒り」で報いを受けることになると警告していた。

■さらにグアムは

グアムのエディ・カルボ知事は現地時間9日の声明で「グアムやマリアナ諸島に差し迫った脅威はない」と述べ、島民に平静を呼び掛けた。

カルボ知事は最近の北朝鮮による相次ぐミサイル発射実験について、「北朝鮮の脅威レベルに変化はない」と指摘。グアム周辺には最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を含む複数の防衛設備があり、「安全は確保されている」と強調した。

■ミサイル攻撃の標的 グアム

●グアム(英語: Guam, チャモロ語: Guåhån)は、太平洋にあるマリアナ諸島南端の島。1898年の米西戦争からアメリカ合衆国の海外領土になった。

●合衆国憲法が完全適用されない「未組織、未編入」の米領で、人口約16万3000人。

●島の約4分の1を米軍基地が占める。人員約6000人が配備されており、さらに数千人を追加配備する予定。

■日本上空を通過するということは

もしミサイルが発射され日本の上空を通過するとなれば、日本にミサイルが落下する危険性も、、、

■日本にミサイルが落下したら、、、

政府は、北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合などに情報提供する全国瞬時警報システム(Jアラート)の運用を変更すると発表した。

●屋外にいる場合

できる限り頑丈な建物や地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難する。そして、もし近くにミサイルが落下した場合には、口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。

●屋内にいる場合

窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。そして、近くに落下した際には換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

1





11taka12さん

自分が興味を持ったことを中心にまとめていきたいと思っています。よろしくお願いします!