1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

焼岳や桜島も…気象庁発表の今後警戒すべき噴火情報とは?

気象庁が8日発表したところによると、全国の10の火山に噴火警報や火口周辺警報が出されており現在も継続しています。焼岳や桜島の噴火情報と共にまとめました。

更新日: 2017年08月10日

6 お気に入り 24086 view
お気に入り追加

・焼岳から小規模な噴火が確認された

長野と岐阜の県境にある北アルプスの焼岳で10日未明、山頂の西側斜面から小規模な噴気が出ているのが確認

気象庁によると、岐阜県と長野県の境に位置する活火山の焼岳で、9日午後11時50分頃から10日未明の午前2時頃までの間に、「空振」を伴う地震が6回観測

このうち、午前0時48分に確認された噴気は、約100メートルまで上がり、東に流れたということだが、その後、噴気は次第に弱まり、午前3時以降は観測されていない

気象庁は焼岳の噴火警戒レベル1を継続したうえで、今後も、噴気が出るおそれがあるとして注意を呼びかけています。

・このニュースにTwitterでは?

明日どうしようか… 1ヶ月以上前から 焼岳行く予定だったのに… 今日になって噴気発生って…

ていうか焼岳の空振が6回観測されたってことは、空振は爆発の振動のことなので、要するに爆発(的な何らかの事象)が6回はあったってことだよなぁ・・・

・焼岳とは?

55年前の昭和37年には噴火に伴う噴石で火口付近の山小屋にいた2人がけがをしています。

・気象庁の発表を受け松本市は?

気象庁の発表を受け、焼岳がある松本市は、特定地域の携帯電話へ一斉送信する「エリアメール」で登山者らに注意を呼び掛けたほか、同市側の登山道2カ所などに注意喚起の看板を設置

焼岳の火山活動に詳しい京都大学防災研究所上宝観測所の大見士朗所長は?

「3年前に御嶽山がレベル1の状態から噴火した例もあり、油断はできない。日帰りの登山であっても噴石から身を守るためのヘルメットを持参し、山頂周辺には長く滞在しないようにしてほしい。また、視界が悪い時には状況の変化に気づきにくいためより注意が必要だ」

・桜島も5日以来火山性地震が急増している

桜島では、7月は昭和火口で噴火が合わせて7回観測され、このうち1回が規模の大きな空振と呼ばれる空気の振動や地震を伴う爆発的な噴火

ここへきて火山性地震が急増しており、今月4日には9回にとどまっていたものの、5日から7日午後3時までの3日間に発生した地震の回数は計140回に

最近噴火したのは先月25日で、このときは噴煙が昭和火口の上空1400メートルに達した。

鹿児島地方気象台では噴石の飛散や火砕流を伴う爆発的噴火が起こるおそれがあるとして警戒を呼びかけている。

・桜島の8月10日の様子

【桜島・レベル3(入山規制)】 10日16:00発表 tenki.jp/bousai/volcano… 桜島では、噴火は観測されていません。 火山性地震は、7日はやや多い状態となりましたが、8日以降は少ない状態で経過しています。火山性微動は少な...

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew

このまとめに参加する