1. まとめトップ

10年の進化、初代iPhoneからiPhone Xへの移り変わり外観や進化点まとめ

初代iPhoneからiPhone Xへは10年間で何か進化するのか?ここで外観比較写真や進化点をまとめて紹介する。

更新日: 2017年09月13日

7 お気に入り 6278 view
お気に入り追加

2017年は初代iPhone発売から10周年にあたりますが、10年という歳月は技術の進歩を実感するのに十分すぎると言えるでしょう。

サイズ縦 115 mm (4.5 in)
横 61 mm (2.4 in)
奥行 11.6 mm (0.46 in)
売上台数610万台

CPU :ARM 1176JZ(F)-S 412MHz
メモリ:LPDDR SDRAM 128MB
iOS :iPhone OS 1.0

ストレージ :4GB, 8GB, 16GB
ディスプレイ:3.5インチ
センサー  :現在位置取得、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
カメラ   :200万画素
バッテリー :1,400mAh

App Storeもなかったので、Angry Bird、Instagram、Candy Crushももちろんありません。愉快なものは皆無でした。

当時のiPhoneはブラックでした。それしか選びようがありませんでした。壁紙を変更することもできませんでした。

しかし値段は4GBモデルで499米ドル(約52000円)もしました。携帯キャリアからの格安の契約プランもありませんでした。

サイズ縦 115.5 mm (4.55 in)
横 62.1 mm (2.44 in)
奥行 12.3 mm (0.48 in)

売上台数最初の週末までに100万台以上

CPU :ARM 1176JZ(F)-S v1.0 620 MHz
メモリ:eDRAM 128 MB
iOS :iOS2.0

ストレージ:4GB, 16GB
ディスプレイ:3.5インチ
センサー:現在位置取得、加速度センサー、
     近接センサー、環境光センサー
カメラ:200万画素
バッテリー:1150 mAh

iPhone3Gは日本中で大人気。発売日には日本各地で長蛇の列ができ、iPhone旋風が巻き起こりました!

iPhone3Gで、初めてホワイトとブラックの2色のカラーが発売されました。

CPU :ARM Cortex-A8 600 MHz
メモリ:eDRAM 256 MB
iOS :iOS3.0

ストレージ:4GB,8GB,16GB
ディスプレイ:3.5インチ
センサー:3軸加速度計、デジタルコンパス、
     近接センサー、環境光センサー
カメラ:300万画素
バッテリー:1150 mAh

ビデオ撮影機能・音声コントロール・アクセシビリティ・デジタルコンパスといった、昨今のiPhoneでは当たり前となっている機能が追加されたのも、iPhone3GSです。

CPU : Apple A4
    (ARM Cortex-A8),800MHz
    シングルコア

メモリ:Mobile DDR SDRAM 512 MB
iOS :iOS4.0

ストレージ:8GB,16GB,32GB
ディスプレイ:3.5インチ
センサー:3軸加速度計、デジタルコンパス、
     近接センサー、近接周囲光センサー
カメラ:500万画素、LEDフラッシュ 
    前面カメラ初搭載
バッテリー:1420mAh

iPhone4の16GBは、世界で初めてsoftbankが「新機種の端末代金-実質無料キャンペーン」を行ったことでも話題を呼びました。

CPU :Apple A5
    (ARM Cortex-A9),800MHz
    デュアルコア

メモリ:512MB (LPDDR2)
iOS :iOS 5

ストレージ:8GB,16GB,32GB,64GB
ディスプレイ:3.5インチ
センサー:3軸加速度計、デジタルコンパス、
     近接センサー、近接周囲光センサー
カメラ:800万画素、LEDフラッシュ 
    前面カメラ30万画素
バッテリー:1,430mAh

ディスプレイのスペックはiPhone4と同様でしたが、音声アシスタントのSiriが搭載されました。

またCPUもiPhone4Sから、DualCoreにパワーアップしました。

CPU :Apple A6
   (ARMv7s),1.3 GHz
   デュアルコア

メモリ:1GB (LPDDR2)
iOS :iOS6

ストレージ:16GB,32GB,64GB
ディスプレイ:4インチ
センサー:3軸加速度計、デジタルコンパス、
     近接センサー、近接周囲光センサー
カメラ:800万画素、LEDフラッシュ 
    前面カメラ120万画素

バッテリー:1420mAh

iPhone史上で初めて、ディスプレイサイズに変更が加わったのがiPhone5です。
縦横比率も今までの

3:2→16:9

へ変更されました。

iPhone5ではiOS6が初期OS。このiOS6からは、iOS5まで標準装備されていたGoogleMap・YoutubeといったGoogle製アプリが削除され、地図はApple製アプリへと変更。

1 2 3





いつもいいねしてくれて、ありがとう!
ネットで話題のことをまとめています。