1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ブレイク間近かも!?米津玄師とコラボしたDAOKOって何者だ!?

映画『打上花火、横から見るか?下から見るか?』の主題歌『打上花火』を米津玄師とコラボで歌うアーティスト・DAOKO。何者なのかきになる!!

更新日: 2017年08月12日

mabuchenkoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
33 お気に入り 67238 view
お気に入り追加

ブレイクが近いかもしれません

『ウィスパーボイス』と呼ばれる声を武器にするアーティストです!

読みかたはひらがなの「だをこ」と言います

1997年生まれ、東京都出身。ラップシンガー

20歳!!若くして才能のあふれるシンガーが登場してます

15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012 年に1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』を発売

映画主題歌で米津玄師とのコラボ!

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』より、新映像と新ポスタービジュアルが公開され、DAOKOと米津玄師による「打上花火」が主題歌に決定

米津玄師による作詞・作曲、プロデュースによるもので、DAOKOと米津玄師との掛け合いで切なくも儚い世界を歌い上げている

DAOKOは「ノリミチくんとナズナがみているうつくしい世界をこの歌で感じていただけたら」とコメント

みんな注目している・・・

打上花火いい曲〜 DAOKOさん初めて知ったけどすごい好きな声だあ〜(^-^) 米津さんも好きなんじゃ〜

「打上げ花火」いい曲過ぎてDAOKOさん今以上に人気出るやろな。私ももっと曲きこう

daokoさんの声めっちゃいいな。米津さんとのハモり好き。映画見てみたい。

『打上花火』ちょーーいいな!! 米津玄師の声がいつもよりかっこよくきこえる!!笑 DAOKOとの相性【?】よすぎてやばいよ〜 2人で歌ってるPVとかないのかなー MVはアニメーションのやつだし、、 映画の主題歌だし、、それが当然なんだろうけど笑

映画では挿入歌も担当!

10代でデビューしたアーティストです

若さゆえの葛藤を描いた独自の世界観を打ち出しつつも、インターネット中心なベールに包まれた活動によって、ミステリアスな雰囲気に包まれている逸材

現代の若者が抱える陰の部分や欲望という感情を濁りなくストレートな言葉で表現することで、多くのリスナーの心を掴んでいます

映画主題歌以外にもアニメのエンディング曲も担当

ゲームサウンドデザイナー/コンポーザーとして『アイドルマスター』シリーズなどで名曲を生み出してきたTAKU INOUEとの共作

20歳を迎えたことも作用してか、これまでのようなエッジの立ったリリックは少し影を潜めつつ、柔らかな印象のワードを多用

1 2





mabuchenkoさん

自分が気になったものをまとめつつ、何度も見れるようなまとめを作りたいと思います!どうぞよろしくお願いします(^_^)