1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

これは泣ける…タイムスリップで人々に『感動』を与えてきた漫画5選

時空を超えてあの人を助けに来た…あのタイムスリップ漫画がどれも感動する話なのでまとめてみました

更新日: 2017年08月12日

5 お気に入り 5891 view
お気に入り追加

All You Need Is Kill

2014年には小畑健の作画による漫画版、およびジャンプ ジェイ ブックス(集英社)より漫画版のイラストを用いた新装版も発売されたほか、アメリカ合衆国で実写映画化された

「ギタイ」と呼ばれる化物と人類の戦争を舞台に、初年兵キリヤ・ケイジの幾度となく繰り返される戦場の一日が始まる…。時に捕えられた主人公の成長と運命を描く近未来ロボットアクションSFループストーリー。

いきなり主人公が死ぬシーンから始まるAll You Need Is Kill。しかし、そこから始まるのはまさに地獄の死のループ

パラレルワールドのことかな?

最高傑作とも言えるこの作品の感想は?

寝付けなかったのでオールユーニードイズキル(漫画版)読破してみた。 ループはいいぞ。

僕だけがいない街

売れない漫画家“藤沼悟”には『再上映(リバイバル)』という能力を持っている。近くにいる人に危険が迫ると自然とタイムスリップしてしまい、その危険が無くなるまで、ある一定の間隔の時間を繰り返すという能力である

出典https://僕だけがいない街.com/99.html

漫画家を目指す青年藤沼悟は特別な能力を持っていた。
リバイバルという時間をさかのぼれる能力だ
しかしそれは自身の意思とは関係なく発動し、それが起こる時は必ず何か事件が起こった

というのも この漫画の凄いところは
全体の構成がしっかりしていて
セリフや思惑の伏線をしっかり回収していくところなんです

ここが素晴らしい

漫画、アニメ、映画と大ヒットした僕街の感想は?

僕だけがいない街観た。日本版バタフライエフェクトだね。でもタイムリープもの大好きです。はい。

信長協奏曲

石井あゆみによる日本の漫画。『ゲッサン』(小学館)創刊号(2009年)から連載中。第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞

歴史が大嫌いな高校生サブローは、ひょんなことから戦国時代にタイムスリップしてしまう。そこで自分にそっくりな青年に出会うが、その人物はなんと本物の織田信長だった

織田信長の代わりにサブローは
織田信長として生活することになるのですが
体が丈夫になったのは良いが
百姓の子どもと遊んだり別人のようになり
周りからはうつけと言われるように…。

衝撃な話にTwitterでも驚き⁉︎

信長協奏曲読んでたらござりまするとかそれがしとか言いたくなる

信長協奏曲の15巻をやっと読めた。竹中半兵衛かっこ良かった!! あー、あと5巻くらいで終わりを迎えそうですね。 5巻近くだと、三年近くも待たないといけないのか(*T^T)

スプライト

石川優吾による日本の漫画。『ビッグコミックスペリオール』(小学館)にて2009年第10号より2015年第9号まで連載された。

1 2





ワサビーフさん

主に自分が読んで見て面白かった話題の娯楽関係のものをまとめていきます
読んで面白いと思っていただければ幸いです。

このまとめに参加する