1. まとめトップ

アメリカ…北朝鮮への先制攻撃準備整う!緊張感漂う周辺諸国の動向

日増しに増す北朝鮮の脅威と挑発。トランプ大統領も黙ってはいられない所まできている。先制攻撃準備が整った報道もされ周辺の国々も戦々恐々としたムード。日本も有事に備えている。

更新日: 2017年08月11日

0 お気に入り 5853 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

a6oさん

グアムの米戦略爆撃機、北朝鮮へ先制攻撃の準備整う

北朝鮮を先制攻撃する選択肢の一つとして、グアムに配備したB1爆撃機で爆撃する準備をアメリカ国防総省が整えたと8月9日、NBCテレビが報じた。

トランプ米大統領「見たことない事態起きる」

トランプ米大統領は10日、北朝鮮が米領グアム島周辺への弾道ミサイル発射計画を公言したことについて「グアムに対して何かすれば、誰も見たことのないような事態が北朝鮮で起きることになる」と警告

トランプ大統領はこれまでも、「北朝鮮がアメリカを脅すなら炎と激しい怒りを目の当たりにする」などと発言

北朝鮮「グアム周辺に弾道ミサイルを発射を検討」

北朝鮮は、9日に発表したアメリカのグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画について、「日本の上空を通過させ、グアム島周辺の海上に落とす」と具体的な飛行ルートを予告したうえで、計画を今月中旬までに完成させるとして、アメリカを強く威嚇しました。

朝鮮人民軍の報道官は、金正恩朝鮮労働党委員長が命令を下せば直ちに攻撃計画が「複数回にわたり連続的に実行される」と述べた。

なんだかんだいっても、これは長期戦になりそうですね。来年の平昌オリンピックが近づけば、ますますアメリカの北朝鮮への先制攻撃は遠のくでしょう。 twitter.com/asahi/status/8…

米領グアム、なぜ標的?

アンダーセン空軍基地など重要施設が集まり、米軍のアジア太平洋地域の戦略的な要衝とされる。

北朝鮮に近い地域で米軍戦力が集中するのはどこか考えると、米軍が駐留する日本や韓国を除けばグアムということになる。

ロシア軍 北方領土で軍事演習開始

ロシア軍は、北方領土の択捉島と国後島で軍事演習を始めたと発表し、北朝鮮の脅威を理由に北東アジアでミサイル防衛システムの配備など軍事力を強化するアメリカをけん制する狙い

ロシア国防省の極東シベリア地域を管轄する東部軍管区は、10日、北方領土が含まれている極東のクリル諸島の演習場で軍事演習を始めたと発表

ロシアのプーチン大統領は、アメリカが北朝鮮情勢を口実に韓国など北東アジアでミサイル防衛システムの配備を進め、ロシアの核戦力を無力化しようとしていると批判しています。

中国が北朝鮮沖で軍事演習、米朝を威嚇

北朝鮮の核・ミサイル問題で北朝鮮にも米トランプ政権にも苛立つ中国が、軍事演習を実施。8月中には東アジアで武力衝突の危険も

中国は8月7日、緊張が高まる朝鮮半島沖でミサイルを使った軍事演習を実施し、軍事力を見せつけた。

中国の責任

米国は自分で北朝鮮問題を解決できないため、中国に支援を求めた。中国がこの問題の責任をすべて取らなければ報復するとまで示唆した米国のエリートもいる

1 2