1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

jterさん

【将来接近する隕石情報、価格価値☆】

(2017年10月)地球接近の小惑星を東大観測所が撮影

大きさ直径10メートル。地球との距離5万キロの位置に最接近した。
http://news.mynavi.jp/articles/2012/06/11/shinkai6500/

2017年10月4日に中国の雲南省に隕石落下。上空約37kmの位置で爆発。
https://rocketnews24.com/2017/10/10/966700/

【隕石うんちく☆】

多くの隕石は鉄が含まれている。

2013年にロシアに落ちた隕石もこのタイプ。

隕石とは、地上に落ちた物を指します。
流れ星とは、上空で発光する物を指します。

2009年ドイツの隕石と少年が衝突。
http://www.narinari.com/Nd/20090611785.html

1954年アメリカの隕石と夫人が衝突。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20131130/Hazardlab_3914.html

2016年インドの隕石と会社員が衝突。
http://tocana.jp/2016/02/post_8838_entry.html

2013年ロシアの隕石に年配者が衝突。

「1g=数百円~数百万円」

隕石は1gいくら?という価格設定です。1g=数百円の隕石が多い。隕石の種類で買い取り価格が違います。月の隕石や火星の隕石は高価買取されています。隕石は世界中の隕石コレクターが買ってくれます。ヤフーオークションでも取引されている。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20130205/07.html

【隕石の見つけ方】

隕石の約80%は南極大陸で発見されています。南極は氷の大陸なので隕石は目立ちます。砂漠も隕石は目立つのでよく発見されています。ガイガーカウンターなんかも使用します。隕石はネオジム磁石など強力磁石でくっ付くケースが多い。(磁石で簡易チェックする)

【隕石ハンター(メテオハンター)とは?】

隕石ハンターは隕石の落下情報をチェックして世界中を探します。サハラ砂漠や南極はめだつので隕石を見つけやすい。隕石1個で約7億円を稼いだ隕石ハンターもいます。20億円の資産を築いた隕石ハンターもいます。隕石を探す時の交通費やホテル代は自費です。計画を工夫しないと稼げません。

【隕石のパワーストーン】

パワーストーンとして「火星隕石」や「月隕石」も売られています。

【隕石保険】

【将来未来、地球に接近する小惑星とは?】

将来、地球に接近する小惑星を紹介します。

地球に接近する年:2029年と2036年
大きさ:直径約300m
重さ:7000万トン
発見日:2004年

地球から約3万2500kmの位置に2029年に接近する。ちなみに地球~月の距離は約38万km。

地球に接近する年:2126年8月5日
大きさ:直径約20km
地球に接近する周期:133年
発見年:1862年


スイフトタットル彗星はペルセウス座流星群の発生源。スイフトタットル彗星が通過後に「多くのちり」が発生する。そこへ地球が通過するとペルセウス座流星群が出現する。2126年にスイフトタットル彗星は地球に衝突するとも言われます。

地球に接近する年:2880年3月16日
大きさ:直径約1km
発見年:1950年

2880年に「1950 DA」は地球とぶつかる危険性が指摘されている。

「日本スペースガード協会」
地球にぶつかる天体をチェックしている団体。
http://www.spaceguard.or.jp/ja/index.html


「将来、地球軌道に接近する小惑星まとめ。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%9C%E5%9C%A8%E7%9A%84%E3%81%AB%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%81%AA%E5%B0%8F%E6%83%91%E6%98%9F

【過去に地球に落下した隕石】

過去に地球に落下した隕石を紹介します。

1 2