1. まとめトップ

【アニメ】これは泣ける...感動するおすすめアニメまとめ!

これは泣ける...感動するおすすめアニメまとめです。随時更新予定!

更新日: 2017年08月11日

2 お気に入り 4380 view
お気に入り追加

四月は君の嘘

母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった元天才少年・有馬公生。モノクロームだった彼の日常は、一人のヴァイオリニストとの出逢いから色付き始める。

傍若無人、喧嘩上等、でも個性あふれる演奏家・宮園かをり。

少女に魅せられた公生は自分の足で14歳の今を走り始める。

ただ、起きるだろう出来事は解っていても、どのタイミングでそれをストーリーに絡めてくるかがこの作品の見どころです。
結末は予想通りでしたが、途中少しも飽きることなく全話満喫できました。
そして、見終わった後の清涼感。

クラッシックに感動したのは初めてかもしれません。いい作品です!
特に最終話、ヒロインが主人公と一緒に演奏し始めるところは涙がこみ上げてきます。

この作品を見てまず感じた事は何事においても”明”と”暗”を使い分けていることです。
その中でも、特に「暗さ」の中で表現される「明るさ」は別格級に綺麗です。

プラスティック・メモリーズ

人間とほぼ見た目の変わらない人型アンドロイドが世界中に普及した、ちょっぴり未来の世界。アンドロイド製造メーカーSAI社が開発した「ギフティア」は、とても感情豊かで、今までにない人間らしさを持ったアンドロイド。

でも技術的な問題で耐用時間があり、それを経過すると、ちょっと……いや、かなりまずいことになる。そのため、SAI社は耐用限界時間を過ぎたギフティアを安全に回収するためにターミナルサービスを設立。

そんなターミナルサービスに配属された新入社員の“水柿ツカサ”は、そこでポンコツギフティアの“アイラ”とコンビを組んで、回収業務を行うこととなるのだが――

第一印象は絵がきれいです。
物語も分かりやすく入り込みやすい、13話完結なので気軽に観れると思います。

僕は100作品ほどアニメをみていますが泣いたアニメはこのアニメが初めてです。個人的にこのアニメは一般人でも普通に見れると思います

時々、自分が面白いと思ったものが酷評されていたり、またその逆の感想を抱いたりしますが、私の場合、アニメではこれが顕著でした。こういう作品に出合うと、自分の感覚が信じられなくなってしまうものですが、面白いと感じたなら周囲に迎合せずにありのままを言葉にすればよいのです。

STEINS;GATE

2010年7月28日、岡部は単位取得のため同期にして友人の橋田至と共に向かった講義会場で、弱冠18歳でアメリカの科学誌に学術論文が掲載された天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。

しかし、彼はその数時間前にラジオ会館の8階奥で大量の血溜まりの中に倒れる彼女を見ていた。そしてそれを橋田へ報告した携帯メールは、何故かその1週間前の日付で受信されていた。その直後、ラジオ会館ビル屋上に人工衛星らしきものが墜落しており周辺が警察によって封鎖されていたことに気付く。

検証の結果、発明品の一つである電話レンジ(仮)が偶然にも携帯メールを過去へと送るタイムマシンとしての機能を備えていたことが判明する。そしてその偶然が全世界の未来を左右する出来事になると、世紀の大発明に浮かれていた「この時の」岡部自身は知る由もなかった……。

よく観察していると1話から既に伏線が散りばめられていて後半、怒涛の伏線回収は鳥肌がたった。

1 2





ウリビト太郎さん

おすすめ記事 http://matome.naver.jp/odai/2142995223098559501


主にアニメやエロゲ、ハードロック、グラビアなどをまとめています!