1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hirosekita07さん

ユーラシア大陸の最西端に位置するポルトガル。その首都であるリスボンには大航海時代に栄えた都市の歴史が今も残っています。観光地としてはまだまだマイナーな都市ですが、魅力的な名所や建築物が数多く存在します。リスボンに住んでいた経験から、メジャーな観光地からマイナーな場所まで一挙に紹介したいと思います。

ジェロニモス修道院

ベレン地区にある世界遺産にもなった修道院。大航海時代の偉業をもとに建設され、装飾は大変豪華で繊細なものばかり。大聖堂のステンドグラスを眺めながら、ゆっくりと過ごすのも良しです。

海洋博物館

ジェロニモス修道院の増設部分にある海洋博物館。ジェロニモス修道院やベレンの塔を訪れたらあわせて訪れてほしい場所。観光ブックではあまり大きく取り上げられませんが、実物大の船が何隻も展示されており圧巻のスケール。大航海時代をより肌で感じられる場所です。

パステル・デ・ナタ Pastel de Nata

ジェロニモス修道院等があるベレン地区を訪れたら必ず行ってほしいエッグタルトの老舗。日本でもお馴染みのエッグタルトはポルトガルが発祥。毎日、観光客や地元の人々で表に行列が出来ています。ここで注意!あまりの行列で諦めないで!!表の行列はテイクアウト用の列。実は中に広ーい店内席があり、行列を横目に中に入っていくと座ってすぐに食べられます。

バイロ・アルト地区

ポルトガルらしい坂と小道の街並み。おしゃれな雑貨屋やファドが聞けるレストランや若者向けのバーが多く集まっていて、ポルトガルいちの繁華街。ポルトガルの若者はお店で買ったアルコールを外に持ち出し、路上に集まり飲む習慣があります。あまり遅い時間に訪れることはおすすめしませんが、ここに来ると南欧という暖かい気候の国ならではの現地の人々の習慣と気質が垣間見えます。

カルモ修道院

1755年のリスボン地震により屋根が落ち廃墟となってしまった修道院。屋根がないそのままの状態で保存されています。なかに入ると建物の構造部越しに空が見える不思議な空間が待っています。博物館も併設されています。

1 2