1. まとめトップ

マイホームの購入をお考えですか?「競売住宅」という選択肢があります。

不況が続く現代。先行き見えない世の中ですが、「マイホーム」を買わなきゃいけない時ってあります。

例えばそれは「結婚」だったり「出産」だったり「転勤」だったり様々です。

そして、必ず最初に考えるのは「予算」だったりします。

買えないものを夢描いても、それこそ「夢のマイホーム」になっちゃいますからね。

市場より安くマイホームが手にはいるって聞いたら、興味ありません?

高い買い物だけに興味ありますよね?

「でも、競売住宅なんだよね」

競売

なんだか怖いイメージしかないですよね。
ヤクザ屋さんが脅してくるんじゃないかとか、占有者が立ち退いてくれないんじゃないかとか。

夫に「競売なら安く家を手に入れられる」と相談してみましたが、やはり「・・・」という感じでした。(予想通りの反応)

毎月の競売物件はインターネット公開されていますので、一応チェックはしていた私。
2008年6月、運命とも思われる競売物件に出会うのでした。

すごく端的に。そしてもっとも多い例で説明するなら「住宅ローンが払えなくて裁判所に差し押さえられて、競売(オークション)にかけられている物件です。

もちろん住宅ローンだけじゃなく、例えば商売の担保にその物件がなっていて、借り入れが払えなくて債権者から裁判所へ差押えの申し出があったり、競売になる理由は様々です。

「差し押さえられた住宅?!・・・なんか怖い」

確かに殺人事件が起こって一家離散して住宅ローンを払うことが出来なくなり競売に至った住宅も中にはあります。

ちなみに、近所に聞くのも手ですが、事件・事故物件についてまとめた以下のようなサイトもあったりします。

でも、「住宅ローンが払えなくて競売になった」住宅が大半です。

不況だからこそ・・・でもあります。

「なんかゲンが悪くない?」「嫌なことが起きるんじゃない?」・・・そう思われる方は新築住宅をオススメします。

どんな買い物でもそうですが、市場価格より安いってことは理由があってしかるべきですから。

でも、「新たに土地を買って家を建てる」「新築分譲住宅を買う」ってメリットばかりじゃないんですよね。

もちろんコスト以外の部分です。

1 2 3





kiminosekaiさん