1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

本好きさん必見!東京おすすめBOOKスポット

新しい本との出会いや、本を読みながら寝られる幸せな時間を過ごせる場所。デートやお出かけ、家族での時間を楽しめる、とっておきのBOOKスポットを紹介します。

更新日: 2017年08月18日

satomi_3さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
121 お気に入り 18609 view
お気に入り追加

ライフスタイルを提案 蔦屋家電

二子玉川 蔦屋家電は、「ライフスタイルを買う家電店」です。
BOOK&Caféの空間で、様々なライフスタイルを提案します。

店内は広々とした2フロア構成。全部で9つ入ったテナントに加えて、「音楽」「美容」のように、売られる家電のテーマによってもエリアが分割されている。

人文、衣、食、住、デザイン、旅行の6ジャンルには専任のコンシェルジュ達が常駐し、家電店でも書店でもない、ライフスタイルそのものの提案をするのが特徴だ。

ネットで購入をすませる時代だからこそ、あえてものを手に取って生活イメージを広げていただきたい。ここでは家電を体感できる仕組みが各売り場やイベントにちりばめられています。

新しい本との出合い 梟書茶房

“Coffee Meets Books”
梟書茶房(フクロウショサボウ)は、選りすぐりの本と珈琲で「新しい出合い」を提供していきたいと思い誕生しました。

席ごとに様々な本が収納。
手にとってすぐに読むことができます。

「読書と珈琲を楽しむゾーン」「珈琲と食事を楽しむゾーン」「物思いに耽るゾーン」「お喋りするゾーン」と4つのエリアに分類。

振り替えればこの風景 素敵空間すぎて通いたい。 池袋の梟書茶房。お勧め。本当におすすめ。

「おしゃべりするゾーン」のテラス席。

「普段本屋に行かない人に本を読んでもらう工夫」として、販売する約2,000冊はすべてタイトルが非公開になっている「シークレットブック」として展開。柳下による紹介文と番号がそれぞれに振られ、各書籍を読み終えた後に勧める作品の番号もあわせて紹介する。

大人もこどもも楽しめる 立川まんがぱーく

明るく広々とした中で、絵本、漫画合わせて4万冊の蔵書が読み放題。

掲載誌や出版社といった垣根を越えて、
歴史に残る名作から、バラエティ作品、勉強に役立つ学習まんがまで、
幅広いまんが作品を集め、ジャンルごとの棚に収蔵しています。

押し入れの中や、2段ベッドのような読書スペース。
大人もこどもも関係なく、楽しめる場所です。

「立川まんがぱーく」では、床のほとんどの部分が畳敷きになっています。
小さな机や座布団、押入れのような空間を用意していますので、寝転がったり、くつろいでまんがをお楽しみください。

1 2





satomi_3さん

自分の好きなものや楽しかった場所を紹介できたらと思います。
少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。