1. まとめトップ

ANA37便とJAL123便 緊急着陸の件をスピリチュアルな視点で解説

ANA37便とJAL123便 緊急着陸の件をスピリチュアルな視点で解説。まだ、記事の作成途中です。随時更新していきますので、お気に入り登録お願いします。

更新日: 2017年08月12日

1 お気に入り 7977 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2017年8月12日午後6時50分ごろ、羽田空港発伊丹空港行きの全日空37便ボーイング777型機(乗客乗員273人)が、空気圧調整機器の不具合を確認し、羽田に引き返して緊急着陸した。

 けが人はいなかった。

 全日空によると、同機は午後6時25分ごろに羽田を離陸。高度約1万5000フィート(約4500メートル)で大島上空付近を通過中に、機内の空気圧を調整するシステムに不具合が発生したという。

羽田発伊丹行のANA37便はエマージェンシーディセントして羽田にリターン…JAL123便墜落と似たようなシュチュエーションで怖い

羽田発伊丹行のANA37便はエマージェンシーディセントして羽田にリターン…JAL123便墜落と似たようなシュチュエーションで怖い… pic.twitter.com/JYhNa29jSH

過去のJAL123便墜落とシンクロする点が多くネットでは話題に・・・

JAL 123便 1985年8月12日 羽田→伊丹 18時24分緊急事態発生 18時56分墜落 ANA 37便 2017年8月12日 羽田→伊丹 18時24分頃緊急事態発生 18時54分羽田に緊急着陸 何これ気味悪い…

JAL123とANA37の共通点 ・8/12 ・羽田発伊丹行 ・18:00発 ・気圧異常 ここまで一致すると、トラブルの原因が何であれ、風化してるJAL123便事故を、犠牲者が思い返させようとしてるようにしか見えない。 ANAを選んだ意図も感じる。怖い。

今回のANA37便はJAL123便のトラブル発生箇所の近くで引き返したけど123が山側ルートに進んだのに対して37は海側ルートを選んだのはあの事故を意識してのことなんやろか pic.twitter.com/Ro3hMSe4hG

JAL123便の事故は、32年前の今日の夕方の羽田大阪便だ。ものすごい赤い夕焼けの日だったらしい。

日航機墜落事故から8月12日で32年

この32という数字はカバラ数秘術でどのような意味があるのだろうか?

【JAL 9割が日航機事故後に入社】日航機墜落事故から8月12日で32年。JALでは事故以降に入社した社員が94%、事故を経験した社員はたった6%に。植木義晴社長は「事故を風化させず、安全運航に全力を尽くす」。 yahoo.jp/mfjImU

カバラ数秘術でこの出来事はどのような意味があるのだろうか?

数字って、学生時代に勉強する算数や数学、そして日常生活に必要な計算。。その他案外この世の中って数字がとても多いのです。

車のナンバーやチケットのナンバー、飛行機のゲートからシートから、ほとんど全てにナンバーがありますし数字は全世界共通。。いえ、本当は全宇宙共通なのです。

もちろん、表し方は違いますが、概念、意識は同じです。数字は宇宙の原理となる要素を象徴し、ピタゴラスは「万物の根源は数である」と言ったそうです。

それ程「数字」には力があり、エネルギーも意味もあります。(ぞろ目の意味でもお伝えしました)あなたにも、「あなたの数字」があります。

一部の中性子過剰核では、8, 20, 28は消えて、別の魔法数である 6, 16, 32, 34 が現れる事が研究によって示されている[1][2]。この領域のことを反転の島(Island of inversion)と呼ぶ。

JAL 123便 1985年8月12日 羽田→伊丹 18時24分緊急事態発生 18時56分墜落 ANA 37便 2017年8月12日 羽田→伊丹 18時24分頃緊急事態発生 18時54分羽田に緊急着陸 を数秘術で分析すると

JAL 123便 1985年8月12日 はカバラ数秘術で時のサイクルを読み解くと2018年は22という数字が!

今日は、サイクル22を読み解きます。

冒頭でもお話ししましたが、サイクル22は『大波乱・嵐』の年です。

とにかく変化の波が非常に大きな、波乱含みの年になります。
でも、思わぬ幸運に恵まれる可能性もあります。

さて、今日は22の日でしたね。

最近、リーディングをお申込いただいたお客様の運命数が22でしたので、改めてこの数字を意識することになりました。

22は全12種類のうちでも、2番目に出現率の低い数字です。

様々な数秘術のメソッドでも、非常にスピリチュアルであり、パワーの強い数字として取り上げられている数字です。

タロットカードの大アルカナは22枚であることから、22は宇宙の理を表わす数字だとも言われます。

22という数字の持つ力

“カバラ数秘学”はカバラと数秘術の定義を複合させたものです。占いとして活用されています。
数字に表れる暗号を解読して、自分の運命数(ライフパスナンバー)を知ることで、隠れた才能や素質を発見し、その人にあった成功を導くものとされています。数字がもつ性質を、本来あるべき真の自分の姿と解釈して、そのポジティブな面を意識するよう心掛けることが大切なのです。

1