1. まとめトップ

歯周病が認知症や関節リウマチなどに関係あり!?

歯周病は万病の元?アルツハイマー型認知症やリウマチなど様々な疾患に関係していることが研究から明らかになりました。

更新日: 2017年08月13日

3 お気に入り 648 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

歯周病は万病の素なのか・・・
様々な病気との関連性が見つかっています。

今回九州大の研究チームがアルツハイマーとのメカニズムを解明しました。

歯周病がアルツハイマー病を誘発するメカニズムを、九州大大学院歯学研究院の武洲(たけひろ)・准教授(神経免疫学)の研究グループが解明し、関与している酵素を特定した。歯周病とアルツハイマー病の相関関係は近年、患者の状況や脳の解剖から指摘されているが、どういった過程をたどるのかは未解明だった。酵素の働きを止める薬や食品を開発できれば、アルツハイマー病の発症や症状悪化を食い止められる可能性がある。

新薬に期待です!

歯周病が認知症を悪化させる可能性があるそうです。

また「歯周病が認知症の原因の多くを占めるアルツハイマー型認知症(AD)を悪化させる」という動物実験の結果もあります。人工的にADにかからせたマウスを2グループに分けて、一方だけを歯周病菌に感染させました。4カ月後にマウスの脳を調べると、いずれのグループでも記憶力に関係する脳の「海馬」という部分にADの原因となるタンパク質(アミロイドベータ、Aβ)が増えていたのですが、歯周病のマウスのほうが面積で約2.5倍、量で約1.5倍多くなっていました。

アルツハイマー、歯周病が誘発。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-… とても気になるニュース。 しっかり歯を磨かなければ・・。   喫煙すると歯周病になりやすい。

喫煙している方は要注意ですね

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-… 口腔ケアがアルツハイマーへの予防に繋がるとは初耳。普段からキチンと歯磨きして、数ヵ月に1度は歯科へ通うほうが良いですね。#アルツハイマー #歯周病

関節リウマチとの関係性

本学医歯学総合研究科 山崎和久教授、佐藤圭祐大学院生らの研究グループは、理化学研究所との共同研究により、マウスを用いた実験において Porphyromonas gingivalis という歯周病原細菌が腸内細菌叢を変化させ、腸管免疫を Th17 優勢な応答にシフトさせることにより関節炎を悪化させるメカニズムを明らかにしました。

@aoits 自己免疫疾患はね…薬効くまで時間掛かりますからね…辛い。私も関節リウマチ持ってますが、治療開始から2カ月間くらいしんどかったです(´;ω;`) 自己免疫は何故に誤作動起こすのか!

歯周病ケアが大切

歯科医にしっかりと相談をしましょう。
歯石ケアも大切ですよ!

歯周病は、周囲のハグキなどの組織に細菌が感染して起こる慢性的な感染症です。歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。ところが、最近の研究では、歯周病になると糖尿病の症状が悪化する、という逆の関係も明らかになってきました。

糖尿病にも関係性が・・・

では歯周病の治し方は?

◆「セルフケア」で大切な3か条

①柔らかめの歯ブラシを使う

②自分に合った歯ブラシの持ち方でしっかり磨く

③歯と歯茎の境目を丁寧に磨く

こちらのサイト様に詳しくまとめてあります!

様々な疾患を予防するためにも、毎日のセルフケアを大切にしましょうね。

1