居住者・テナントへの配慮を欠かさない
マンション等においては臭気、騒音等の気遣いが必要になります。工事が始まってからの騒音、臭気、ホコリはストレスになるため事前に連絡と打ち合わせが必要になります。養生と掃除を徹底しますが、工事中に埃が発生する際は、家を空けていただく事もあります。
同じく民間ビル等のテナント等は臭気、騒音、ホコリ等を嫌う為、営業活動に支障がないようにまず養生します。工事によっては閉店後に対応します。物品の移動は事前に報告、相談しますが、基本的に触れない様にし、必要な時は確実に元に戻せる様、写真を撮り、確実を期します。第三者への影響(粉じん・騒音・振動・濁水・足跡等)を最小限になるように工事を進め、作業完了後の清掃、片付けを徹底します。
クレームが出るとすれば工事の技術ではなく、騒音、臭い、ホコリ、物の移動等がほとんどです。技術以上に「工事でご迷惑をかけて申し訳ない」という思いで作業に取り組んでいます。 現場の職人さんに対しては、あいさつを心がけるようにお話しています。

出典耐震診断・工事作業の心配り | 株式会社キーマン(耐震診断・土木・建築・メンテナンス)

前へ 次へ