耐震診断・耐震補強設計・耐震改修工事の流れ

1.予備調査 建物現地調査
築年数(旧耐震)の確認
設計図書の有無の確認
建物の改修履歴・被災履歴の確認
図面との整合性確認
劣化調査(ひび割れ、不同沈下、老朽化)
コンクリートコア強度試験・中性化試験

2.耐震診断
現状診断計算(一次、二次、三次)
診断報告書作成
※補助金制度あり

3.耐震補強設計
耐震補強工法の選定
耐震費用の積算
補強後の耐震性能確認
耐震補強の提案
※補助金制度あり

4.耐震改修工事
耐震改修工事見積作成
耐震改修工事実施
※補助金制度あり

出典診断からの流れ | 耐震診断とは | 株式会社キーマン(耐震診断・土木・建築・メンテナンス)

前へ 次へ