耐震診断の内容

建物調査現地での目視調査、設計図書の内容確認、建築修繕履歴や増改築履歴などを確認し、診断レベルをご提案致します。
診断レベルに応じて必要な基礎・地盤・劣化状況、部材寸法や配筋状況、コンクリート強度試験・中性化試験等の調査を行います。

現状診断一次診断
壁の多い建築物が対象
柱、壁の断面積から構造耐震指標を評価
計算の難易度は【簡易】

二次診断
主に柱・壁の破壊で耐震性が決まる建築物
柱、壁の断面積から構造耐震指標を評価壁の断面積に加え、鉄筋の影響も考慮し構造耐震性を評価
計算の難易度は【高い】 昭和56年以前に建てられた建物ではこちらが最も有効です

三次診断
主に梁の破壊や壁の回転で耐震性が決まる建物
柱、壁(断面積・鉄筋)に加えて梁の影響も考慮し、建物の保有水平耐力を求める診断
計算の難易度【非常に高い】

出典診断からの流れ | 耐震診断とは | 株式会社キーマン(耐震診断・土木・建築・メンテナンス)

前へ 次へ