1. まとめトップ

「その手は桑名の焼き蛤」って何!?

駄洒落の一種と見なすことができる言葉遊び、地口(じぐち)で「うまいことを言ってもだまされない。その手は食わない」という意味だ。

更新日: 2017年08月13日

viper0さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 80 view
お気に入り追加

桑名

桑名…三重県の地名
JR:長島 - 桑名 - 朝明信号場
近鉄:長島 - 桑名 - 益生
愛知県と岐阜県に接する、名古屋市から25km圏に位置する都市だ。
観光資源:ナガシマスパーランド、多度大社、六華苑、東海道の七里の渡しetc
銘菓:安永餅

焼き蛤

桑名の名物「焼き蛤」は、殻付きの蛤を枯れた松葉や松笠を燃やしながら焼いたものだ。

地口

駄洒落の一種の言葉遊び。
落語においてもくすぐりとして使われ、話の終わりを地口で締める地口落ちというものがある。

有名な文句をもじったもの

「舌切り雀」をもじって、「着たきり娘」
「お前百までわしゃ九十九まで」をもじって「お前掃くまでわしゃ屑熊手」
etc

特に意味のないもの

美味かった(馬勝った)、牛負けた
驚き、桃の木、山椒の木、狸に電気に蓄音機
etc

掛詞の技法を使ったもの(意味なし)

あたり前田のクラッカー
恐れ入谷の鬼子母神

1





viper0さん

気になる情報メモ。