1. まとめトップ

なぜ3年も経って遺書が?『W不倫の上原多香子』無期限休養へ・・・

ヒップホップグループ『ET-KING』のメンバーで、自殺したTENNさん(本名・森脇隆宏さん、享年35)が、妻の上原多香子へ宛てた遺書の存在が明らかになりました。その内容が上原多香子の不倫に関するものであったため、無期限休業することになりました。

更新日: 2017年08月20日

loasさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 24211 view
お気に入り追加

上原とTENNさんは2012年3月に婚約発表、同年8月に入籍した

TENNさんは大阪が故郷で活動拠点でもあり、上原は大阪へ引越した。慣れない関西での生活をTENNさんは懸命にサポート。上原は料理作りにシャカリキになったりと仲睦まじい新婚生活を続けていました。

ただ、結成15年を迎えたET-KINGは、2007年に『愛しい人へ』『ギフト』などがヒットしたが、その後はジリ貧。4月29日の全国ツアー最終公演でついに活動休止。TENNさんはプロデュースユニット『1010』、ライブパフォーマンスユニット『ヒロウモンズ』を結成。曲作りに没頭し、上原に“食わせてもらっている”状態が続いていた。

2014年9月25日、謎の自殺をとげた

TENNさんが上原に宛てた遺書を実弟が公開

遺書には「子供が出来ない体でごめんね」「許してください」「きっと阿部力となら乗りこえられると思います」「次は裏切ったらあかんよ」などと書かれていた

実弟によると、TENNさんは上原のLINEの記録から阿部との不倫を知ったとみられる。LINEには、上原が離婚を望んでおり、阿部と子供をつくりたいという内容がつづられていた。TENNさんは検査の結果、子供がつくれない体質だったという。

TENNさんの自殺について、メディアは当時、“夫婦格差”などが理由ではと推測していたが、実弟は「遺書を見て、自殺の理由は多香子さんにあることはすぐにわかりました」と語っている。

几帳面な字体で、感謝の言葉と、先立つことへの謝罪の言葉が並ぶ。義宏さんは「このままずっと話さへんつもりでした」と語ったが、家族の悲しみが癒えることがなく、「これ以上、家族だけでは抱えきれないんです」と心境を述べ、遺書公開に踏み切った。

遺書の文面

《多香子へ/ありがとう そして さようなら/子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい。/幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから/許してください。/僕の分まで幸せになってください。/きっと阿部力となら乗りこえられると思います。/次は裏切ったらあかんよ。お酒は少しひかえないとあかんよ。/嘘はついたらあかんよ。(後略)》

上原のライン

《オトナになっても、こんなに好き好き好きって、なるんだなぁって。ちょっとびっくりしてる。自分に。いろいろ冷静な部分もあるけど、止められなくなるくらい想えるって素敵なことだね。トントン(註釈:阿部力のこと。阿部の中国名『李冬冬(リ・ドンドン)』にちなんだ愛称)に出会えて、本当によかった。》

《私、、結婚ってとっても大きなことで人生の分岐点だったこともあるー だから、離婚するとか浮気は、もうあり得ないって思ってたのね でもさー、トントンに伝えられなかった好きと、やっぱり大好きと、私の一方的やけど肌を合わせて感じるフィット感が今までとはまったく違うの。》

トラブルの原因

今年5月に演出家のコウカズヤ氏(40)との熱愛が写真誌で報じられると、上原が遺族のもとを訪れ、コウ氏との結婚を考えているため「籍を抜きたい」との考えを伝え、実際に姓を「上原」に戻したという。

これまで上原が望んでTENNさんの名字を名乗り続けてきたことが急転したことに遺族は激怒し、その場で解決金として数千万円を求めたという。

当初、上原は「そんな額、支払えません」と応じなかったが、TENNさんの自殺原因が自身と俳優阿部力(つよし、35)との不倫にあることは認めざるを得ず「月々、少しずつでも払い続けたい」と提案し、誠意を示した

この時、上原は俳優の阿部力(35)と不倫していたことを認めた上で、月々一定額の“慰謝料”を支払う姿勢を示したようだ。しかし、こうした上原の態度に遺族が激怒し、遺書公開に至ったとみられている。

籍を抜くのは法的には問題ない

「死んだ夫の籍から外れるのに、誰かの了解は不要。役所に『姻族関係終了届』を出せば認められます」夫の親族からすれば「薄情な嫁だ」となるかもしれないが、法的には何ら問題はないのだ。

テレビでの報道は少ない・・・これに対して不満の声も

1 2





loasさん

美容や健康に関する情報や自動車の情報を中心にまとめていきます。