1. まとめトップ

豪華列車「四季島」で人身事故。ネットでは可哀想すぎるの声

13日午前3時40分ごろ、JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季(しき)島」が新潟県五泉市馬場町のJR磐越西線を走行中、人身事故がありました。

更新日: 2017年09月23日

0 お気に入り 17150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「四季島」とは

TRAIN SUITE 四季島(トランスイート しきしま)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が2017年5月1日から運行を開始した新しい形の旅を提供する周遊型臨時寝台列車(クルーズトレイン)である。

今までの寝台列車や長距離列車は移動することに目的があったが、発着駅が同一で、TRAIN SUITE 四季島に乗車すること自体が旅の目的となるクルーズタイプの旅を提供する。

旅のコンセプトワードは「深遊探訪(しんゆうたんぼう)」。

13日午前3時40分ごろ

13日午前3時40分ごろ、JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季(しき)島」が新潟県五泉市馬場町のJR磐越西線を走行中、人と衝突したとJRから110番通報があった。

磐越西線 五泉駅~北五泉駅間で人身事故が発生。

接触したのは豪華列車として知られる「四季島」。轢かれた人が電車の下におり、レスキューが困惑しているという。

事故は、四季島が踏切の50メートルほど手前に差し掛かったところで起きました。周囲には立ち入りを防ぐ柵はない場所でした。

事故が起きたのは、JR磐越西線北五泉-五泉間。報道によれば、はねられた男性は線路上に横たわっていた。運転士は男性の存在に気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。男性は酒を飲んでいたという。

超御大尽向け豪華寝台車の「四季島」が人身事故を起こしてしまったらしいが、それと関連するかの様な事件の記事を見付けてしまって、正直動揺している。 皆様、飲酒するなとは申しませんが、線路内や車道の真ん中で寝ないでくださいね!... fb.me/1vtTdqejF

新潟県警五泉署によると、衝突したのは新潟市西区上新栄町の会社員男性(38)で、死亡が確認された。事故のため、四季島は現場付近に約2時間半停車した。

近くに住む会社員男性(52)は「列車が止まった音がしたので何事かと思って起きたら四季島だった」。お盆で帰省している人もおり、多くの人が様子を見に来ていたという。

この事故で同線と信越線の普通列車5本が運休となり、約600人に影響が出た。四季島の乗客34人、乗員18人にけがはなかった。

32万~67万5000円

事故が起きた「四季島」は1泊2日の行程で、1人あたりの乗車価格は最安プランでも32万円に及ぶ。

豪華寝台列車「トランスイート四季島」が人身事故 乗客に同情の声。13日、豪華寝台列車「トランスイート四季島」で人身事故が起きた。JR磐越西線を走行中、線路内で倒れていた男性をはねたという。最安プランでも32万円のため、ネット上では同情の声があがっている・・そうなんだ。

四季島は、車内の17室すべてがスイートルームで、乗客にはドレスコードもある豪華列車。乗車価格も高額で、1泊2日の行程の料金は1人あたり32万~67万5000円。3泊4日の行程には1人142万5000円のプランもある。

ネットの声

ネットでは「みんな何かの記念に乗ってるだろうに可哀想すぎる」「なぜ線路で寝てんだ!迷惑だ!」など四季島の乗客への、哀れみのコメントが相次いでいます。

トランスイート四季島に当選したけど辞退する人出てきそう。だって確実に事故車両に乗車して寝泊りすることになるわけでしょ

試運転の時も線路を歩いていた人と接触事故あったよね。運が悪いのかなんなのか 1泊32万~、豪華列車の旅!→人身事故 「四季島」乗客に同情の声も j-cast.com/2017/08/133057…

1 2