1. まとめトップ

NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」が放送

2017年8月15日(火) 午後7時30分~8時43分

更新日: 2017年11月15日

hiraoyogiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 18717 view
お気に入り追加

1993年放送のインパール作戦特集(無料で視聴できます)

今回

相手の戦力や兵站を軽視した無謀な戦いで甚大な死傷者を出し、旧日本軍の体質を象徴的に示したとされる「インパール作戦」。「援蒋ルート」の遮断を主目的とし、ミャンマー(当時ビルマ)からイギリス軍の拠点があったインド北東部のインパールの攻略を目指した日本軍は、この作戦で歴史的敗北を喫した。餓死・戦病死した日本兵の死屍累々が並んだ道が「白骨街道」と呼ばれるほど凄惨な戦いの実態はどのようなものだったのか。これまでインドとミャンマーの国境地帯は戦後長く未踏の地だったが、今回、両政府との長年の交渉の末に現地取材が可能となった。さらに、新たに見つかった一次資料や作戦を指揮した将官の肉声テープなどから「陸軍史上最悪」とされる作戦の全貌が浮かび上がってきた。数々のスクープ映像と新資料、証言からなる「インパール作戦」の全記録は、決して忘却してはならない悲劇の記憶を、未来へと継承していく。

旧日本軍の体質を象徴的に示したとされる「インパール作戦」。インド・ミャンマー国境の山岳地帯を特別な許可を得て取材。インパール作戦を指揮した司令官の肉声も入手しました。数々のスクープ映像と新資料、証言からなる #インパール作戦 の全… twitter.com/i/web/status/8…

インパール作戦を指揮した司令部にいた元少尉の日記。 戦場の空気感が伝わってきます。イギリス軍が記録していた10時間の映像も。 #NHKスペシャル 「戦慄の記録 インパール」15日(火)夜7時30分… twitter.com/i/web/status/8…

【お知らせ】NHKスペシャル「戦慄の記録インパール」 インパールで重傷を負い、奇跡的に生還した96歳の義伯父も取材に応じました。画面に出るかは不明ですが、ぜひご覧下さい。 8月15日(火)午後7時30分~8時43分 NHK総合 www6.nhk.or.jp/special/sp/det…

番組内容や感想など

戦死者の戦死位置をプロットするというNHKの執念…撤退中の死者が6割を超えるという #NHKスペシャル pic.twitter.com/NZrHNmGfgM

#NHKスペシャル 戦没者名簿から兵士が死んだ場所を地図に記していく。作戦中止後の死者はほとんどが病死や餓死。大半の兵士が作戦中止後の撤退中に亡くなっている。

#NHKスペシャル 牟田口廉也中将の遺品。陸軍時代に贈られた数々の勲章。中将の孫「父はアンチ(戦争)でしたけど、歴史物として捨ててはいけないと思っていたのではないでしょうか。見たくないけど捨ててはいけない」

#NHKスペシャル 同時期、牟田口中将がビルマ方面軍下の第15軍司令官に昇進、インパールへの侵攻を強硬に主張する。上層部が作戦に前のめりになり、反対意見は尽く退けられる。反対した小畑参謀長の娘「父は本当に一生懸命やったんです」陸軍でも数少ない兵站の専門家だった。

#NHKスペシャル 小畑参謀長は兵站の観点からインパール作戦に反対し、牟田口司令官に進言するが「消極的だ」と叱責され、就任1ヶ月半で更迭された。ビルマ方面軍の河辺司令官は「牟田口に作戦をやらせてやりたい」と。南方軍の寺内総司令官も同調。しかし大本営には消極的な声も。

#NHKスペシャル 大本営の杉山参謀総長は「寺内さんの最初の所望なので」と。1944年1月7日、インパール作戦認可。組織内の人間関係が優先された結果だった。

#NHKスペシャル 当時のまま残る旧第15軍司令部。1944年2月、陸軍経理学校を卒業した斎藤博圀少尉が赴任。その回想録。「経理部長さえも『補給は全く不可能』と明言したが、全員が大声で『卑怯者、大和魂はあるのか』と怒鳴りつけ、従うしかない状況だった」

#NHKスペシャル 最大470kmを踏破する前例のない作戦。短期決戦の予定だった兵士たちは、3週間分の食糧しか持たされていなかった。兵士たちが軍票を配って食糧を調達していた姿を、現地の村人たちは覚えていた。「大切な牛が返ってこず、途方に暮れた」

軍票がとてもきれいな状態で保存されているのに吃驚した。ビルマのおじいちゃん、ものもち良すぎ。 #NHKスペシャル

「きっとそのうち日本が換金してくれるはず」と信じてたんやろなあ…スマン #NHKスペシャル twitter.com/kono_chiha/sta…

#NHKスペシャル 1944年3月8日、インパール作戦敢行。兵士たちの前にチンドウィン川が立ちはだかる。夜間の渡河で、集めた牛の半数が流された。川を渡ると、標高2000mを越える山が連なるアラカン山系。トラックや大砲は解体して持ち運ぶしかない。

#NHKスペシャル 山砲隊員だった山田さん「大砲は小さいもんですから全部分解してしもうてですな、馬の背中4頭くらいに積めると思うたが、馬が転落したいうかな」1週間後、到着した村で食糧を調達しようとするが、村人は「数千人の食糧を賄えるはずないじゃないか」。

#NHKスペシャル 作戦開始から2週間後、日本軍と英軍の最初の大規模な戦闘。日本軍の戦車とみられる残骸。第33師団は1000人以上の死傷者を出す大敗北。今も日本兵の遺骨が見つかる。柳田師団長は「予定通り3週間で攻略するのは不可能」と作戦変更を牟田口司令官に進言。

#NHKスペシャル 牟田口司令官のもとには、ほかの師団からも作戦変更を求める訴えが。斎藤少尉の回顧録「師団長と牟田口司令官のけんかが続いた。司令官は『善処しろとは何事かバカヤロウ』」「まるで虫けらでも殺すみたいに隷下の損害を進言する。作戦参謀から『何人殺せば取れる』と」

#NHKスペシャル 作戦開始3週間。第31師団の一大隊がコヒマに到着。英軍は航空機による補給で持久戦に持ち込む作戦を周到に立てていた。1日250トンの物資を前線に投下。佐藤師団長の調書「コヒマに着くまでに、補給された食糧はほとんど消費していた」

#NHKスペシャル 日本軍に協力したという少数民族の男性が「♪白地に赤く日の丸染めて〜」の曲を覚えていた。コヒマからインパールへつながる三叉路。英軍は三叉路を見下ろす丘の上に陣地をおき、日本軍を圧倒。コヒマの戦闘は2か月間続き、死者は3000人を超えた。

#NHKスペシャル 牟田口司令官への取材対応を取り仕切っていた元少尉の山﨑さん「朝日とか毎日とか、そういう大きくやるところには非常にいいお話をする。国の人たちが『おおやった!日本はやった!』と景気良くやらないかんと。ウソでもええと」

1 2 3 4





hiraoyogiさん