1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

8月なのに夏が終了!?最近の天気が何だかおかしい…

猛暑が続く地域がある一方、季節外れの低温が続いている地域も…夏と秋が同時に訪れているようです。

更新日: 2017年08月14日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 352985 view
お気に入り追加

■夏休み、お盆休みも後半へ突入!

お盆をふるさとや行楽地で過ごした人たちの「Uターンラッシュ」が、13日午後から高速道路で始まった。

14日(月)をピークに翌15日(火)まで続き、全国の高速道路ではピーク時30km以上の渋滞が予測されている。

■各地で猛暑となった連休

暑すぎて連休明けの仕事大丈夫なのかな、私( ✌︎'ω')✌︎靴下はくのさえイヤだ

旅行とかで夏に九州来る人は覚悟した方がいい 九州は湿気が多いから、ただ暑いんじゃなくて蒸し暑い 天気予報の気温なんか宛にならん 体感温度ほんと死ぬから

8月に入ってから、西日本を中心に各地で35℃を超す猛暑日を観測。

お盆休み中、各地の海やプールはこの夏一番の人出となり、涼を求める家族連れや若者らで水面が埋まっていた。

確かに暑いけど、絶好の”レジャー日和”でもありますね

■そんな中、北日本や関東甲信では”異変”が起きていた

北日本の太平洋側で今月はじめから、関東甲信では先月下旬から、日照時間が少ない状態が続いている。

北日本では、仙台市で平年の25%、北海道の網走市や広尾町、岩手県大船渡市でいずれも40%。

※今月1~9日までの日照時間

関東では、宇都宮市で平年の25%、埼玉県熊谷市で37%、東京都心と前橋市で46%。

※先月23日~9日までの日照時間

東京では、今月1~13日まで毎日雨を観測しており、8月上旬にこれだけ雨が続くのは48年ぶり。

北海道では、各地で秋を思わせるような気温が続いており、8月前半で夏日が3日なしという、15年ぶりの低温となっている。

太平洋側を中心に「低温注意報」も出ている

週間予報見る限り、今日昼間の晴れ空以降はずっと雨降るみたいな感じで、なんか梅雨より梅雨してんな(=^ェ^=) 昨日洗車したんだぜ☆ pic.twitter.com/lcLtZsjMwT

お盆の帰省、富良野なう。 20時の気温、16.7℃・・・暑いよりマシやけど、いくらなんでも気温低過ぎやろ!!

北海道の夏は短いとか言うけど 短すぎやしませんかワン()

■原因は?

今年は夏の暑さと晴天をもたらす太平洋高気圧の張り出しが弱く、前線や湿った空気が入りやすい状況に。

またオホーツク海高気圧の勢力が強いため、冷たい空気が流れ込みやすくなり、平年より低めの気温が続いている。

このまま日照不足が続けば、農作物へ影響が出る可能性も…

■気になる今後の天気

太平洋高気圧の張り出しが弱く、低気圧や前線が日本付近をたびたび通過するため、全国的に天気は下り坂に。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。