1. まとめトップ

小栗旬・鈴木拡樹も参戦!!「髑髏城の七人」の魅力とは

予習をしておきたい方のために。

更新日: 2017年08月14日

bell_forestさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 83 view
お気に入り追加

2017年の「髑髏城の七人」

IHIステージアラウンドのこけら落とし公演として、「花」「鳥」「風」「月」「極」というロングランで上演されています。

≪メインキャスト≫

<season花>
捨之介:小栗旬
天魔王:成河
蘭兵衛: 山本耕史

<season鳥>
捨之介:阿部サダヲ
天魔王:森山未來
蘭兵衛: 早乙女太一

<season風>
捨之介・天魔王:松山ケンイチ
蘭兵衛: 向井理

<season月>
++上弦の月++
捨之介:福士蒼汰
天魔王:早乙女太一
蘭兵衛: 三浦翔平

++下弦の月++
捨之介:宮野真守
天魔王:鈴木拡樹
蘭兵衛: 廣瀬智紀

「髑髏城の七人」あらすじ

天正18年、本能寺の変で織田信長が明智光秀に討ち取られてより8年が経過した時代。

天下統一を目前とした豊臣秀吉の支配がいまだ届いていない関東は、天魔王と呼ばれる仮面の男が率いる「関東髑髏党」に支配されていた。

なりゆき上、関東髑髏党に追われていた少女、沙霧を助けた捨之介は、旧知の無界屋蘭兵衛を頼って色街「無界の里」へと向かう。

しかし、無界の里で沙霧を匿ってもらおうと思っていた矢先、里は髑髏党の襲撃を受けてしまう。天魔王と戦うことを決意する捨之介たち。

果たして捨之介や天魔王と蘭兵衛の因縁とは──?

※一部変更した箇所があります。

これまでの「髑髏城」

☆1990年。初演「髑髏城の七人」

全ての始まりはここから。古田新太主演。
映像は殆どなく、1997年の再演版・2004年のアカドクロ&アオドクロを収録したDVDBOX、通称「ドクロBOX」に僅かな映像が収録されている。

☆1997年。「髑髏城の七人」再演版

「いのうえ歌舞伎」として確立されたのがこれ。古田新太主演。
劇場に行けばDVDが買えます。

☆2004年。「アカドクロ」「アオドクロ」

2004年を「ドクロイヤー」と称し、出来上がった作品。
ストレートプレイにこだわった、古田新太主演の「アカドクロ」、歌や踊りなどのエンターテイメント性を重視した、市川染五郎主演の「アオドクロ」の2本立て。

☆2011年「ワカドクロ」

小栗旬を主役に置き、大幅な設定変更が行われた「ワカドクロ」。天魔王に森山未來、蘭兵衛に早乙女太一と、キャストの若返りを見せている。
(主観ですが、最も観やすい髑髏城がこれだと思います)

1





bell_forestさん

趣味は観劇。東京から大阪まで飛び回ります。

このまとめに参加する