1. まとめトップ

そもそも畳の長持ちする使い方とは

新しい畳床の表を5年使ったら、裏面に換えるをくり返していると長持ちする。

状態にもよるらしいが畳床によっては、30年近く使えるそう。

ささくれ等のキズが出来てしまったら

準備段階はキズの部分に、ささくれを埋め込み目立たなくする。

不可能であれば下記

必要なもの

木工用のボンド+筆

目にそって消しゴムでこすると、消しカスと一緒にキレイにとれちゃいます

出典https://oshiete.goo.ne.jp/qa/119364.html?from=recommend

1,目に沿って掃除機をかけ乾拭きを行ないます。
2,10倍の水で薄めた木工用ボンドを作ります
3,ささくれ部分を絵筆で塗っていきます。
4,ボンドが乾けば補修完了です。

出典https://curama.jp/magazine/350bab70-43f9-40b8-9cec-3f12f67dc2ab/

お線香や、たばこなどでの焦げ付きには

必要なものは、

キッチン用ハイター+ロウソク

1,キッチン用漂白剤または消毒用アルコールを5倍に薄め焦げた箇所を漂白していきます。
2,次にろうそくのロウを垂らし焦げた穴部分を埋めます。

出典https://curama.jp/magazine/350bab70-43f9-40b8-9cec-3f12f67dc2ab/

重いものを置いてへこんでしまったら

必要はものは

アイロン+霧吹き+水+雑巾

1,霧吹きをへこんでいる箇所に2~3回吹きかけます。
2,固く絞った雑巾をへこんでいる箇所にあてます。
3,2の雑巾の上から、アイロンをかけていきます。
※アイロンが大変な場合は1の作業後ドライヤーで乾かすだけでもへこみの補修ができます。

出典https://curama.jp/magazine/350bab70-43f9-40b8-9cec-3f12f67dc2ab/

1





トマトフラペチーノさん

健康や生活に役立つことを調べるのが好きです。