1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

メジャー優勝より価値がある?松山英樹が狙うゴルフ「年間王者」とは

ゴルフの松山英樹選手が全米プロゴルフ選手権に臨み、惜しくも優勝を逃す結果となりました。しかし、悔やんでいる暇は無いようです。何故ならば、松山選手は「年間王者」の称号と賞金王を手にする資格を有しているからです。松山選手のここからの戦いについて簡単にまとめてみました。

更新日: 2017年08月14日

3 お気に入り 17829 view
お気に入り追加

松山英樹が惜しくもメジャー初制覇を逃す

男子ゴルフの松山英樹選手がキャリア史上初となるメジャー大会の制覇に挑みましたが、惜しくも優勝を逃す結果となりました。今回は当人としても期するものがあったようであり、ホールアウト後の取材では悔しさから涙を見せるシーンもあったようです。しかし、松山選手の今シーズンはまだ終わっていません。なぜなら、松山選手は現時点でフェデックスカップポインと賞金ランキングで1位に立っているからです。つまり、「年間王者」と「賞金王」の称号を手にする資格を有しているのです。

男子ゴルフの松山英樹(25)は13日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で行われた全米プロ選手権の最終ラウンド

2位から出た松山英樹(25)=LEXUS=は5バーディー、6ボギーの72で、通算5アンダーとスコアを1つ落とし、5位に終わった。

同組のジャスティン・トーマスが通算8アンダーで上がり、日本勢初のメジャー制覇には届かなかった。

大会前の世界ランキングで3位だった松山は、前週の米ツアーを制し、今大会でも優勝候補の一角に挙がっていた。

ホールアウト後の取材では涙を見せる場面も「勝てる人に…」

メジャーでは6月の全米オープン選手権で2位になったのを含めて健闘したが、悲願達成は来年以降に持ち越しとなった。

「これを次に生かしていきたいが、何をすれば勝てるのか分からない。勝てる人になりたいなと思う」

「(残念?)そうですね。(何が足りなかった?)考えます。(2週間後からのプレーオフシリーズ)頑張ります」

しかし、松山ファンたちは次の目標として「年間王者」をあげる

まだ今シーズンは年間王者も狙えるから悔しいけど頑張ってほしい

振り返れば今日は1番のバーディーパットが運命を分けたのかな⁉️いい経験を積んだよ。英樹の涙は次回に繋がる‼️来年は必ず勝てるよ❗️お疲れ松山英樹。年間王者目指して気持ち切り替えましょう。

松山のメジャー初制覇は今回も残念だった…この後は賞金王と年間王者だな

メジャー初優勝はマスターズの方が松山選手らしいしカッコいい。 今年もまだこの後も年間王者の可能性もあるし、これからも松山選手から目が離せない。 #GOHIDEKI

米ゴルフにおける「年間王者」とは一体どのようなものか

4大メジャー大会はゴルフ界で最も権威のある大会とされているが、それと共にゴルフ界には米ツアーの年間総合王者という最強ゴルファーに与えられる称号が存在する。

世界最高峰の米ツアー。その年間総合王者は、メジャー王者とは違う意味で「世界一」と言われる。

米ツアーでは試合によって賞金額が異なるため、2007年から賞金ランキングではなくポイント制で争われる「フェデックスカップ」で年間王者を決定している。

これは2007年から始まった、シーズンを通して争われる“ポイントレース”のことだ。

日本女子では1987年に岡本綾子が米ツアーの賞金女王に輝いているが、日本男子の年間王者はまだいない

選ばれし者だけが出場できるプレーオフシリーズが始まる

まずフェデックスカップポイント上位125人のみが第一戦に出場する資格を得る。

ツアーのレギュラーシーズンは、全米プロ後のウィンダム選手権(17日開幕、ノースカロライナ州)で終了する。

第四戦までにポイント上位30名までに絞られる。最後はたった30人による激しい戦いが繰り広げられることになる。

1 2





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。