1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本男子初のメジャー制覇ならずも…男泣きの松山英樹に感動の声が相次ぐ

世界ランク3位の松山英樹は、5バーディー、6ボギーとスコアを伸ばせず、通算5アンダーで5位に終わり、日本男子初のメジャー制覇はならなかった。

更新日: 2017年08月14日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 32044 view
お気に入り追加

○松山英樹、日本男子初のメジャー制覇はならなかった

世界ランク3位の松山英樹は、5バーディー、6ボギーとスコアを伸ばせず、通算5アンダーで5位に終わり、日本男子初のメジャー制覇はならなかった。

最終戦「全米プロ選手権」で通算5アンダーで5位と、日本の男子選手として初の海外メジャー大会の優勝はなりませんでした。

○通算5アンダーの279で終了

2位スタートの松山は5バーディー、6ボギーの72で回り、通算5アンダーの279で終了。

2打差4位スタートのジャスティン・トーマス(24)=米国=が68で回り、8アンダーで逆転でメジャー初優勝。米ツアー5勝目を挙げた。

○一時は単独トップに立った

首位スタートのケビン・キスナー(米)に並ぶと、10番でも長いバーディーパットを沈めるなど、一時は単独トップに立った。

松山は2番(パー4)でボギーを叩くも、6番(パー3)、7番(パー5)で連続バーディーを奪うなど、一時は単独首位に立った

○その後、不調が続いた

14番(パー4)、15番(パー4)で連続バーディーを奪い2位になったが、16番(パー4)で痛恨のボギー、最終18番(パー4)もボギーだった。

14番、15番とバーディーを奪って盛り返したが、16番、18番でもボギーをたたいた。

○インタビューでは、タオルで涙をぬぐった

英樹涙のインタビュー。「悔しいです」としか言えない姿にこちらまで泣きそう。 #全米プロ2017#GOHIDEKI#松山英樹 pic.twitter.com/RJ1c1LzQ22

2位で出た松山英樹は5バーディー、6ボギーとスコアを落とし、通算5アンダーの5位でメジャー初制覇を逃した。

「(残念?)そうですね。(何が足りなかった?)考えます。(2週間後からのプレーオフシリーズ)頑張ります」と声を絞り出した。

○このニュースはネットでも話題になっています

千葉へ向かう電車の中で知ったんだけど、松山くん残念だったんだね。

松山惜しかったなー。 実力はあるのだから、メジャー制覇は近いはず。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。