1. まとめトップ

『浜辺美波』が映画『君の膵臓をたべたい』で魅せた演技に涙が止まらない!

「涙活」おすすめ映画「君の膵臓をたべたい(キミスイ)」の山内桜良役を演じた若手注目女優『浜辺美波(はまべみなみ)』さん。共演の北村匠海、小栗旬、北川景子も絶賛。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で「めんま」役、映画『咲ーSakiー』「まれ」「スカッとジャパン」出演。次期出演映画は『亜人』

更新日: 2019年06月16日

2 お気に入り 130127 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

toto-bigさん

□浜辺美波(はまべみなみ)さんは、若手注目度No.1女優です。

生年月日:2000年8月29日
出身地:石川県
身長:155cm
血液型:B型

2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションでニュージェネレーション賞を受賞し、ショートムービー「浜辺美波 アリと恋文」に主演。翌12年に三池崇史監督の「逆転裁判」で長編映画に初出演する。実写テレビドラマ版「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(15)の本間芽衣子(めんま)役や、NHK連続テレビ小説「まれ」(15)で注目を集める。「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」(16)の実写パートでキーパーソンを演じたほか、16年の「咲 Saki」で連続ドラマに初主演し、翌17年の劇場版でも主演を務めた。映画版「君の膵臓をたべたい」(17)では北村匠海と主演を務めるほか、大ヒット漫画を本広克行のメガホンで実写化映画した話題作「亜人」(17)に出演する。

□浜辺さんは、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞しました。

第7回東宝シンデレラオーディション受賞者の上白石萌歌、上白石萌音、浜辺美波、小川涼名の4人が、それぞれ初主演作のDVD発売を記念して舞台挨拶を行った。

2011年、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り

□美少美少女がずらり登壇! 「東宝シンデレラ」受賞者4人(上白石萌歌、浜辺美波、上白石萌音、小川涼)が初主演デビュー

「第7回東宝シンデレラ」の受賞者が初出演するショートムービー「空色物語」の完成披露試写会が11月29日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、上白石萌歌(グランプリ)、上白石萌音(審査員特別賞)、浜辺美波(ニュージェネレーション賞)、小川涼(ニュージェネレーション賞)が舞台挨拶を行った。4人が観客を前に、舞台挨拶に立つのは今回が初めて。緊張した表情ながら、初々しい“デビュー”を飾った。

□空色物語

第7回東宝シンデレラの4人、上白石萌歌、上白石萌音、浜辺美波、小川涼による初主演ショートムービー

□浜辺美波主演 ショートムービー「アリと恋文」

浜辺美波 (出演), 三木孝浩 (監督)

第7回東宝シンデレラオーディションでニュージェネレーション賞を受賞した浜辺美波主演のショートムービー。文香が書いたラブレターを相手に渡すと両想いになれるという伝説を聞いた意外な依頼者が現れ…。「アリと恋文」とオフショット映像集を収録。

“ココロがほっとあたたまる”をテーマに、「上白石萌歌 ~虹とシマウマ~」「上白石萌音 ~ニケとかたつむり~」「浜辺美波 ~アリと恋文~」「小川涼 ~王様と羊~」という4本のショートムービーで構成(各10分前後)。「ソラニン」、来春公開される「僕等がいた」の三木孝浩監督がメガホンをとる。

□カルピスホットシリーズ with<東宝シンデレラ>スペシャルムービー

カルピス社「ほっとシリーズ」と4人の東宝シンデレラが、この冬あなたをあたためます。

□2017年版東宝カレンダー 7月は、浜辺美波さんがモデル

2016年 『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』12/17公開予定
2015年 『エイプリルフールズ』(東宝)
2014年 『世田谷区、39丁目』
2012年 『逆転裁判』(東宝)

1 2 3 4 5 6