1. まとめトップ

【特徴・共通点】結婚出来る人と出来ない人の決定的な違い

結婚出来る人と出来ない人には決定的な違いがあった?

更新日: 2017年08月15日

1 お気に入り 9390 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cbyさん

結婚出来る人と出来ない人の違いとは??

一見モテそうでも独身の人や、モテなさそうでも結婚している人など外見だけでは分からない結婚出来る人と出来ない人の違いとは!!?

1 完璧主義

誰でも自分をより良く見せたいと願うものですが、自分の中の理想像が肥大してしまい残念な結果になってしまう人がいます。

2 恥をかくことが怖い

結婚出来ない人は恥をかくことを極端に恐れている傾向があるといわれています。

後悔するくらいなら勘違いをしても恥をかいたほうが良い

良い出会いを喪失したと後悔するよりかはどんどん恥をかいていくくらいのほうが良い
後から修正のきかないこともあります。
それは時間で、出会いのチャンスはそのときにしかありません。

それを逃しても慎重にいくという選択肢は損だと思います。

3 他人を否定しがち

会話でも否定から入る人がいますが、結婚したいのならそれはNGかもしれません

人間関係で大切なことは「否定」より「肯定」です。

正しいか間違っているとかが問題なのではなく、相手がそう感じていることなら、それで正しいのです。
そこで間違っていると気づいても「そうなんだね」と肯定し受け止めることが大切です。
算数の問題には答えが1つしかありませんが、恋愛の問題には答えが無限に存在します。
人の数だけ、恋愛の形も存在しますから「これが絶対正しい」とは、言えるわけがないのです。

4 人を見下す傾向がある

「こいつとは結婚できないな…」と思われてしまう女性の特徴→見下すクセがある

例えば男性が悩みをポロッと口にした時、「それぐらい何よ!」というような言葉がけをするのは、男性を見下している証拠。この言葉の続きには「私のほうが大変なのよ」という"自分の方が上である"という本音が隠されているからです。

5 忙しすぎる

仕事をバリバリこなしている人は、結婚している割合が低い

家庭と仕事を両立するのはそれだけ大変だということ。同時に恋愛と仕事を両立するのも、バリバリ働くぐらい仕事熱心な女性にはかなり難しいです。確かに結婚をしていると仕事にも制限がかかってしまって、バリバリと働くのは難しくなってしまいます。家庭があるかないかでは、かなり差が出るのです。

1