1. まとめトップ

近年人気のメキシカンフードのブリトー

コンビニでも売られ、日本でも徐々に広まりつつあるメキシカンフードのブリトーの紹介まとめです。

更新日: 2018年10月05日

1 お気に入り 1243 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最近知名度が上がっています。

moepapaさん

ブリトーとは

ブリート(スペイン語: burrito)あるいはブリトーは、小麦粉で作られたトルティーヤに具材を乗せて巻いたメキシコ料理、テクス・メクス料理およびアメリカ料理。
メキシコ北部と隣接するアメリカ合衆国南西部では、単品の具を細く巻くのが一般的である。アメリカ合衆国の他の地域では、米、インゲンマメ、レタス、トマト、サルサ、ワカモレ、チーズ、サワークリームなどをたっぷりと入れて巻いた、一つで十分食事になるぐらい大きなブリトーが一般的である。

具を巻く前に小麦粉のトルティーヤを柔らかくするため、軽く火であぶったり蒸したりすることもある。
「ブリトー」はスペイン語で「小さなロバ」を意味する。理由は細く巻いたトルティーヤがロバの耳に似ているからとも、ロバがよく背中に積んでいた毛布や荷物に似ているからともいわれている。

ブリトーはチワワ州シウダー・フアレスの伝統的な軽食で、レストランや屋台で買って食べることができる。シウダー・フアレスには開店以来数十年になるブリトーの老舗がいくつかある。ブリトーは朝昼晩いつでも食べられる。よく用いられる具には、バルバコア(じっくりと焼いた牛肉のバーベキュー)、モーレ、ウィニース(winnys、ソーセージを刻んでトマトとチレのソースで煮たもの)、フリホレス・レフリトスとチーズ、デシェブラダ(deshebrada、牛の脇腹の肉をじっくりと焼いてほぐしたもの)、チレ・レイェーノ(英語版)(チレにチーズなどを詰め、衣をつけて揚げたもの)などがある。

アメリカ合衆国で最も有名なブリートは具が多い大型のブリートで、メキシコではなく米国で生まれたと考えられている。よくみられるブリートのバリエーションのひとつに、ブリートにエンチラーダ風のソースをかけ、とろけるチーズをおろしてかけたウェット・ブリートがあり、タコベルではエンチリートという商品名で売られている。

おいしそうなブリトーの数々

日本で売っていたりして見かけるブリトーでは、ハム&チーズが定番です。

本家っぽく、ソーセージをはさむことも。

1 2