1. まとめトップ

【動画あり】米国・シャーロッツビルで起きた事件について【閲覧注意】

犠牲者とご家族に心よりお悔やみ申し上げます。

更新日: 2017年11月16日

0 お気に入り 3760 view
お気に入り追加

シャーロッツビル - Wikipedia

シャーロッツビルまたはシャーロッツヴィル(Charlottesville)はアメリカ合衆国バージニア州中央部に位置する都市。2005年現在の国勢調査で、総人口は40,437人である。独立市であるが、アルバマール郡(Albemarle County)の郡庁所在地である。愛称は「C-ville」(スィー・ヴィル)。都市の名称は、イギリス王ジョージ3世の王妃で、メクレンブルク=シュトレリッツ公子カール・ルートヴィヒの娘シャーロットに由来する。

シャーロッツビル衝突 記者が見た光景とトランプ氏発言を比較

シャーロッツビル 春からの対立がついに死傷事件に

アメリカ・シャーロッツビルに白人至上主義者が集結

8月12日土曜日、ヴァージニア州シャーロッツビル。この日ここで起きた事件は、アメリカにおけるヘイトスピーチの問題を考える際に避けて通れない事例として、おそらく今後繰り返し参照され続けることになるだろう。

 日本でもすでに報道されているとおり、この日シャーロッツビルは大規模な白人至上主義者の集会によって非常事態宣言が出されるほどの混乱に陥り、その過程で集会に抗議する人々に車が突っ込み、一人が死亡、十数人がケガをするという事態となった。また関連して近くで警戒にあたっていた警察のヘリコプターが墜落し、乗っていた二人の警察官が死亡したため、この事件での犠牲者は現時点で3名となっている。

 とはいえこう書いただけでは、とくに日本では「まあでも海外のデモは日本よりずっと過激らしいし、よくあることでしょ」というような反応も考えられる。しかし当然ながら、アメリカの文脈で考えても今回のようなことは基本的に「想定外」だったし、実際今回の事件に対する受け止め方はきわめてシリアスなものだ。

とはいえこう書いただけでは、とくに日本では「まあでも海外のデモは日本よりずっと過激らしいし、よくあることでしょ」というような反応も考えられる。しかし当然ながら、アメリカの文脈で考えても今回のようなことは基本的に「想定外」だったし、実際今回の事件に対する受け止め方はきわめてシリアスなものだ。

 目立つところだけ拾っても、バラク・オバマ、ヒラリー・クリントン、ジョン・マケイン、ジョー・バイデン、ジェブ・ブッシュ、マルコ・ルビオ、バーニー・サンダースなど、今アメリカで影響力をもつ政治家は、党派を超えてほぼすべて何らかの形で事件に対する非難を表明している。

トランプ大統領 反発踏まえ白人至上主義を批判

アメリカ南部バージニア州で白人至上主義などを掲げるグループと、これに抗議するグループが衝突するなどして30人余りが死傷した事件で、トランプ大統領は当初、白人至上主義などを明確に非難せず反発が広がったことを踏まえ改めて声明を発表し、白人至上主義などを強く批判しました。
バージニア州シャーロッツビルでは、12日、全米から集まった白人至上主義や極右思想を掲げるグループと、これに抗議する市民グループが激しく衝突し15人がけがをしたほか、市民グループに車が突っ込んで女性1人が死亡、19人がけがをしました。

事件を受けてトランプ大統領は当初「憎悪と偏見、暴力を非難する」と述べましたが、白人至上主義や人種差別を明確に非難しなかったため、各地で抗議デモが行われたほか、医薬品大手メルクのCEOで、黒人のフレージャー氏が大統領の助言役を辞任すると発表するなど反発が広がりました。

これを踏まえトランプ大統領は14日、休暇先からホワイトハウスに戻って改めて声明を発表し「人種差別は悪だ」と述べたほか、白人至上主義についても「アメリカ人として大切にしているすべてのものに反する」として強く批判しました。

トランプ大統領としては、当初の発言をめぐって人種差別への問題意識が十分でないなどという声が与党・共和党からも上がったため、白人至上主義などを明確に非難することで、みずからへの反発を和らげたい考えがあると見られます。

オバマ氏「他人を憎むように生まれついた人間などいない」 白人至上主義者と反対派の衝突にマンデラ氏を引用

肌の色や出自や信仰の違う他人を、憎むように生まれついた人間などいない。人は憎むことを学ぶのだ。そして、憎むことを学べるのならば、愛することも学べるだろう。愛は憎しみよりももっと自然に、人の心に根付くはずだ。―ネルソン・マンデラ
オバマ氏は、上のようにツイートした。

この言葉は、マンデラ氏の自叙伝『自由への長い道』からの引用だ。オバマ氏は一連のツイートに、自身がメリーランド州ベセスダの養護施設に子どもたちを訪ねた時の写真を添えた。

シャーロットビルでのナチス支持者が第82空挺師団 (アメリカ軍)の帽子を被っていた件が物議を醸す

米国に存在する917のヘイトグループの分布図

身元が確認されたシャーロットビルのナチ支持者が職を解雇される

白人愛国主義者たちが自分の人種的ルーツを求めて遺伝子検査に殺到。一部の人間は結果に不満。

シャーロッツビルのナチ指導者が殺さないでくれと泣く動画を流す。

1927年にドナルドトランプの父親はクイーンズでのKKKの暴動で逮捕されていた

1 2





feelthebernjapanさん

米国の大統領選を機に色々な情報を調べています。元ネタ記事を書いて下さった方ありがとうございます。そちらのサイトにアクセスが飛びますように⭐︎