1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

泣いて笑える....秋の連続ドラマ「原作本」が話題作ぞろい

始まる前に読みたい。「プリズンホテル」「重要参考人探偵探偵」「陸王」「セトウツミ」「アシガール」「コウノドリ」など。秋の連ドラ「原作小説・原作漫画」レビュー(感想)まとめです。

更新日: 2017年08月18日

58 お気に入り 80274 view
お気に入り追加

▼人気原作が揃った!いま読みたい秋ドラマの原作本レビュー

■ ココリコ田中さんが「プリズンホテル」に主演

[映画ニュース] ココリコ田中、浅田次郎原作「プリズンホテル」で“極道御用達ホテル”の支配人に! eiga.com/l/FaIA5 pic.twitter.com/4anM2VCHjd

BSジャパンでは、10月クールに新ドラマ枠「連続ドラマJ」(土曜夜9:00-9:54)をスタートすることが決定した

第1弾作品として、浅田次郎原作「プリズンホテル」の放送が決定。主演を務めるのは、ゴールデンタイム連ドラ初主演となるココリコ・田中直樹。

田中は「とにかく物語の設定がとても面白いです。その中で、コワモテの従業員、訳ありなお客さんに対し、生真面目な支配人をしっかり演じていければと思っています」と意気込みを語る。

・原作は温かいものに包まれて感動

1993年に発表された『プリズンホテル 夏』以降、『秋』『冬』『春』と全4巻が刊行され、累計200万部突破の浅田次郎を代表する人気小説

真面目なホテルマン・花沢が、木戸仲蔵(柄本)がオーナーを務める“極道御用達ホテル”の支配人に就任し、訳ありの人々が起こす騒動に巻き込まれていく姿を描く。

プリズンホテル読み終わって休憩室で泣くのもあれなのでトイレで泣いてきた……………ああ………素晴らしい本だった……………良かったなぁ〜~ 感動した

プリズンホテル夏、秋、冬、春、全て読んでしまった。秋から春に関しては、2月に入ってから読んだ。ひと月で小説を3冊読むなんてことは初めてだった。 読み終わってしまった今、淋しいけど心は満たされている。何か温かいものに包まれた感じ。 ああ、もっと読んでいたかった。

浅田次郎先生のプリズンホテルの1巻今更読んだけどかなり面白かった。 最後の展開はかなり予想外だったのと、仲おじとか他のヤクザの言葉が本当にかっこよかった。 でも最後の抱きしめて「俺たちはずっと一緒にいたんだ」ってところが自分の理解力が足りなさすぎてよくわからなかったのが残念だった

■山崎賢人さんの出演が発表されたドラマ「陸王」

役所広司を主演に、池井戸潤の小説をドラマ化する日曜劇場『陸王』(TBS系)

注目作の公開を控える人気俳優の山崎さんが宮沢の長男・大地役を演じることが決定。

・「原作」は、いろいろ考えさせられる。名セリフに感動

先細る足袋の需要から会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発に挑戦する企業再生ストーリー。

池井戸氏は、「主演の役所広司さんはじめ、役者のみなさんの演技と駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」とコメントを寄せている。

こういう情熱的なのも凄くイイ!めちゃくちゃ面白かったです! 茂木選手の気持ちや、社長たちの心意気に感動しました。素敵な会社だなぁ。 さすが!としか言いようがなかった池井戸作品でした。 #陸王 #池井戸潤 #読書記録twitter.com/i/web/status/8…

【感想】陸王(池井戸潤著)先の読める展開だけど、所々に散りばめられた金言・名セリフに感動する。人生に迷った時に読み返したい本。

『陸王』を読み終えました✨ ネタバレしない程度の感想… 人間変わる気持ちがなければ変われない!笑 色々考えさせられました✨

■黒島結菜主演のNHKドラマ「アシガール」

NHK総合では、9月23日(土)より、土曜時代ドラマ「アシガール」(毎週土曜夜6.05-6.43)が放送されることが分かった。

脚力だけが取りえの女子高校生・唯(黒島結菜)は、ひょんなことから弟の尊が作ったタイムマシンで戦国時代にタイムスリップしてしまう。

・「原作」は、めちゃ面白く展開もいい意味で裏切らる

1 2 3





何故だろうさん

イケメンと美女を中心に、お役に立つ雑学と疑問に思っている事をまとめています。