1. まとめトップ

2018 新型iPhone名称はiPhone XS Max/XS?iPhone XRどっち?

2018 iPhone名称はiPhone XR?iPhone XS Max?iPhone XSどっち?本文は、2018 iPhoneハイエンドモデル(iPhone XR? iPhone XS/XS Max)に関するリーク情報&噂をお届け。

更新日: 2018年09月13日

23 お気に入り 52140 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

idoido2000さん

2018 iPhoneハイエンドモデルiPhone XR? iPhone XS?iPhoneXS Max最新情報&噂まとめ

2018 iPhoneハイエンドモデルiPhone9? iPhone SE2に関する最新情報&噂をまとめてみました。

2018 iPhone情報予想|いつ発表、発売日・価格、デザイン、新機能・スペック:Ming-Chi Kuo氏は調査メモの中で、Appleが2018年に、iPhone Xのような薄いベゼルのデザインのiPhoneを3機種リリースする可能性があると予測している。同氏の調査メモを、MacRumorsが入手した。 このメモによると、iPhoneは次の3つの異なるサイズで発売される可能性があるという。

【まとめ】2018年発売の新型iPhoneの情報まとめ ー「iPhone SE 2」や「iPhone X」新カラーも網羅(随時更新予定)
そこで、この2018年の「iPhone」について、現段階で出ている噂を簡単にまとめてみた。新型iPhoneへの乗り換えを検討している方は、ぜひ内容を確認しておいていただけると幸いだ。

○ 2018 iPhone ハイエンドモデル:iPhone XR

価格を抑えた「iPhone XR」の登場で、ハイエンドモデルのiPhone XSシリーズからより手頃なiPhone XRというラインアップを構築でき、iPhone XRの魅力をより高める結果となった。

iPhone XRのディスプレーは6.1インチで、上位モデルの中間的なサイズといえる。しかしディスプレーはiPhone XSとは異なる「液晶ディスプレー」を採用している。「Liquid Retinaディスプレー」と名付けられた6.1インチの画面は、端から端まで敷き詰められ、iPhone Xで実現した全画面スマホを異なるディスプレー技術で再現している。もっとも、縁なしでノッチのある液晶ディスプレーは、iPhone XRが初めてではない。

1792×828ピクセルの解像度は326ppiに相当し、ドットの細かさはiPhone XSシリーズに劣る。また画面の押し込みを検知する3D Touchも省かれた。

ただ、TrueDepthカメラ、カラーマネジメント、120Hzに向上したタッチセンサーは盛りこまれており、ディスプレーを中心に作り出すiPhoneの体験がしっかりと作り込まれていた。

触ってわかった「iPhone XR」の不思議な魅力

「iPhone XR」発表 6.1型液晶搭載でホームボタンなし 6色展開

カラーはホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、(PRODUCT)REDの6色。従来のiPhoneとはひと味違う(iPhone 5c以来となる)、カラフルなラインアップとなっている。

2018年10月19日に予約を開始し、10月26日に発売する。価格はAppleのSIMロックフリーモデルの場合、64GBモデルが8万4800円(税別、以下同)、128GBモデルが9万800円、256GBモデルが10万1800円。日本ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクも取り扱う。

「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」どっちが良い?macxdvd.com/apple-iphone-t… 価格・機能・使い勝手ではiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxを徹底比較 pic.twitter.com/WI7OQzKyRp

20万のiPhone Xs Maxでやること ・Twitterをする ・ラーメンの写真を撮る ・YouTubeを見る ・ソシャゲでガチャを回す

○ 2018 iPhone ハイエンドモデル①:iPhone9

iPhone9とは、Appleのスマートフォン「iPhone」シリーズの次期モデルとして噂される 機種の名称。ディスプレイサイズは5.28インチと6.46インチとなり、ディスプレイには microLEDを採用するとも噂されています。7nmプロセスのA12プロセッサを搭載します。「iPhone9」のディスプレイサイズは5.28インチと6.46インチの2モデルで、Samsungの供給数は今年の「iPhone8」向けの2倍以上の1億8,000万枚になる、と伝えられています。

2018年の「iPhone9」には、Samsung製の有機EL(OLED)ディスプレイが搭載され、サイズは5.28インチと6.46インチになる、と報じられています。ただし、「iPhone9」は現在も開発中のため、デザインや機能については不明とのことです。また、iPhone用の液晶ディスプレイを供給しているジャパンディスプレイ(JDI)やシャープも、OLEDディスプレイの生産体制を整えつつあるものの、大量供給が可能になるのは2019年と考えられています。

iPhone9バッテリーについて:iPhone8リリースを前に控え、サプライチェーンは早くも2018年発売予定のiPhone9に向けて動き出しています。LG Chemical(以下LG)がiPhone9向けのバッテリーを独占的に供給する見通しであることが明らかとなりました。
次期「iPhone8」では、マザーボードが階層化され、空いたスペースをより効率的に使用すると言われており、次期「iPhone9」ではバッテリーを「L字型」にすることでさらに効率的になると予測されます。

○ 2018 iPhone ハイエンドモデル②:iPhone SE2

iPhone SE2発売日・価格、iPhone SE2スペック、デザイン、iPhone SE2イヤホンジャック廃止・ワイヤレス充電などの最新情報をお届け

iPhone SE2のレンダリング画像が公開されました。公開されたレンダリング画像では、背面や側面は現行iPhone SEと同様の直線的なデザインとなっています。
● 前面は、iPhone Xと同様、画面上部にノッチ(切り込み)のあるフルスクリーンデザインが採用され、ホームボタンが廃止されています。
● ジェスキン氏は先日のiPhone SE 2についてのツイートで「ワイヤレス充電に対応し、筐体はガラス製になる」とも述べています。

今回Tekz24によると、次期「iPhone SE2」は2018年の第一四半期に発売を開始すると報告していることが判明しました。スペックに関しては、ディスプレイサイズは「4〜4.2インチ」に、「A10プロセッサ」、RAMが「2GB」、ROMは「32GB」と「128GB」、バッテリー容量は約「1700mAh」、メインカメラが「1,200万画素」にインカメラが「500万画素」になるとしています。またデザインに関しては「iPhone7」がベースのデザインになると報告しています。このことからも、小型化した「iPhone7」と考えたほうが分かりやすいです。

新型 iPhone SE2の製造に向けWistronが生産設備を拡張中。発売日は2018年1〜3月か?Wistronは、すでにインドで現行iPhone SEの製造を開始していますが、このたび新型 iPhone SE2製造の契約をAppleと交わし、工場へ生産ラインを増築しているとのこと。同社は、今後5年の間にインド工場の生産能力を2〜3倍にしたいと考えており、今後も積極的な設備投資を行って行くようです。

iPhone SE2スペック・仕様一覧▼
・iPhone7がベースとなる
・ディスプレイサイズは4.0〜4.2インチ
・A10プロセッサ搭載
・2GBRAM搭載
・ストレージは32/128GB
・バッテリー容量は1,700mAh
・カメラはメイン1,200万画素、FaceTimeカメラは500万画素

アイフォン2018年最新情報を随時更新中. 2018 iPhone新機種(iPhone11/XI, iPhone SE2, iPhone9, iPhone8s, iPhone X Plusなど)に関する噂&リーク情報(名称、サイズ、新機能&スペック、発売日、価格など)をまとめてご紹介する. 次期iPhone新型モデルを買いたい方はご参照ください.

○ 2018 iPhone ハイエンドモデル③:iPhone8s MAX

1 2 3 4