1. まとめトップ

2018 iPhone名称はiPhone9?iPhone SE2?iPhone8s MAXどっち?

2018 iPhone名称はiPhone9?iPhone SE2?iPhone8s MAXどっち?本文は、2018 iPhoneハイエンドモデル(iPhone9? iPhone SE2?iPhone8s MAX)に関するリーク情報&噂をお届け。

更新日: 2017年10月13日

idoido2000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 6099 view
お気に入り追加

2018 iPhoneハイエンドモデルiPhone9? iPhone SE2?iPhone8s MAX最新情報&噂まとめ

2018 iPhoneハイエンドモデルiPhone9? iPhone SE2に関する最新情報&噂をまとめてみました。

○ 2018 iPhone ハイエンドモデル①:iPhone9

iPhone9とは、Appleのスマートフォン「iPhone」シリーズの次期モデルとして噂される 機種の名称。ディスプレイサイズは5.28インチと6.46インチとなり、ディスプレイには microLEDを採用するとも噂されています。7nmプロセスのA12プロセッサを搭載します。「iPhone9」のディスプレイサイズは5.28インチと6.46インチの2モデルで、Samsungの供給数は今年の「iPhone8」向けの2倍以上の1億8,000万枚になる、と伝えられています。

2018年の「iPhone9」には、Samsung製の有機EL(OLED)ディスプレイが搭載され、サイズは5.28インチと6.46インチになる、と報じられています。ただし、「iPhone9」は現在も開発中のため、デザインや機能については不明とのことです。また、iPhone用の液晶ディスプレイを供給しているジャパンディスプレイ(JDI)やシャープも、OLEDディスプレイの生産体制を整えつつあるものの、大量供給が可能になるのは2019年と考えられています。

iPhone9バッテリーについて:iPhone8リリースを前に控え、サプライチェーンは早くも2018年発売予定のiPhone9に向けて動き出しています。LG Chemical(以下LG)がiPhone9向けのバッテリーを独占的に供給する見通しであることが明らかとなりました。
次期「iPhone8」では、マザーボードが階層化され、空いたスペースをより効率的に使用すると言われており、次期「iPhone9」ではバッテリーを「L字型」にすることでさらに効率的になると予測されます。

○ 2018 iPhone ハイエンドモデル②:iPhone SE2

今回Tekz24によると、次期「iPhone SE2」は2018年の第一四半期に発売を開始すると報告していることが判明しました。スペックに関しては、ディスプレイサイズは「4〜4.2インチ」に、「A10プロセッサ」、RAMが「2GB」、ROMは「32GB」と「128GB」、バッテリー容量は約「1700mAh」、メインカメラが「1,200万画素」にインカメラが「500万画素」になるとしています。またデザインに関しては「iPhone7」がベースのデザインになると報告しています。このことからも、小型化した「iPhone7」と考えたほうが分かりやすいです。

新型 iPhone SE2の製造に向けWistronが生産設備を拡張中。発売日は2018年1〜3月か?Wistronは、すでにインドで現行iPhone SEの製造を開始していますが、このたび新型 iPhone SE2製造の契約をAppleと交わし、工場へ生産ラインを増築しているとのこと。同社は、今後5年の間にインド工場の生産能力を2〜3倍にしたいと考えており、今後も積極的な設備投資を行って行くようです。

iPhone SE2スペック・仕様一覧▼
・iPhone7がベースとなる
・ディスプレイサイズは4.0〜4.2インチ
・A10プロセッサ搭載
・2GBRAM搭載
・ストレージは32/128GB
・バッテリー容量は1,700mAh
・カメラはメイン1,200万画素、FaceTimeカメラは500万画素

○ 2018 iPhone ハイエンドモデル③:iPhone8s MAX

「iPhone8」に関する情報が相次ぐ中、中国版TwitterであるWeiboに、早くも来年発売される「iPhone9」の情報が投稿されているようです。今回情報を投稿したのは、手机晶片达人氏という人物です。投稿によると、「iPhone9」は6.2インチの有機ELディスプレイを搭載し、モデル名は「iPhone8s MAX」になるとのこと。ディスプレイサイズについては、ライバル機種であるサムスンのGalaxy S8+が6.2インチディスプレイを採用していますから、考えられないことではありません。

「iPhone 7s Plus」の後継機種は「iPhone 8s Max」に!?ありえない感じが。次期「iPhone」のうち「iPhone7s」シリーズはほぼ確定だと考えられますが、「iPhone8」に関しては、少なくとも「iPhone8」ではないと言われています。このことからも、来年登場する「iPhone」の名称は「iPhone8s」のなる可能性は非常に低いと考えられます。

2017 iPhoneハイエンドモデルiPhone8? iPhone 8 Plus?iPhone Pro?iPhone X/10?iPhone Edition最新情報&噂

もうすぐ9月になります。Apple新製品発表会もいよいよ開催されます。本文は、2017 iPhoneハイエンドモデル(iPhone8? iPhone Pro?iPhone X/10?iPhone Edition?)に関するリーク情報&噂をお届け。

○ iPhone 2017モデルリーク情報&噂

Appleはこの秋、新しいデザインのiPhone10周年モデル(iPhone 2017モデル)を発表する見込みです。ネットでは「iPhone10周年モデル(iPhone 2017モデル)の名前 何にする」とよく聴聞かれます。以下では、iPhone10周年モデル(iPhone 2017モデル)名前、スペック、新機能、発売日、価格に関する情報をまとめていました。ご参照ください。

最新情報によると、今年はiPhone10周年記念日で、Appleは三つのiPhone10周年モデル(iPhone 2017モデル)を発表する見込みです。iPhone 7SとiPhone 7S PlusはこれまでのSシリーズの最新モデルと発表されるようです。iPhone 7SとiPhone 7S Plusデザインは、2014年iPhone 6と6 Plusの基本的なデザインを保ち、内部のハードウェアを向上させます。例えば、プロセッサーの処理速度の向上、カメラ性能、ワイヤレス充電などです。

最も注目される iPhone ハイエンドモデル(iPhone8?)最新情報によると、iPhone8ではHomePodのファームウェアを導入するつもりです。それで、iPhone8をテーブルに置いた状態でも顔認証によりデバイスのロックを解除できるようになるというものです。更に、フル有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、Touch ID Homeボタンの代わり、顔認証システムを採用すると伝えています。

だが、「iPhone10周年モデル(iPhone 2017モデル)の名前 何にする」という話がネットで大きく話題となります。Apple会社はまだ発表していません。

iPhone ハイエンドモデル(D22と称する)のコードネーム「Ferrari」と呼ばれます。名前の通り、iPhone10周年を記念するiPhone ハイエンドモデルは先進的な機能を搭載しています。だが、Apple公式サイトでは、iPhone ハイエンドモデル(D22と称する)の名前を公開していません。現時点ではどのような名前になるかはっきりとした情報が出ていません。

以下では、iPhone ハイエンドモデル(D22と称する、コードネーム「Ferrari」)の名称に関する情報をまとめています。

○ 2017 iPhone ハイエンドモデル名前①:iPhone 8

1 2 3





異国文化に興味を持ってます。中国・韓国・海外などの国の面白いことをご紹介します。お願いします。