1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

チャンネル登録登録よろしくお願いします!!ツイッター FACEBOOK 拡散ありがとうございます!感謝!!

瀬戸内海に浮かぶ小さな島・大久野島。野生のうさぎが多数生息し、「うさぎ島」と呼ばれている。国内をはじめ、海外でもうさぎ島は話題となり、有名な観光地になった。しかし、かつてうさぎ島と呼ばれている大久野島は、地図から消された過去を持つ。

うさぎ島として取り上げられている大久野島。ここは戦時中毒ガスの製造工場があった。1984年戦後40年たってようやく、日本軍が毒ガスを製造していたことが知られた。

大久野島が毒ガス島になった経緯

まず大久野島が毒ガスを製造していたことが知られなかった背景は、化学戦の実態が慎重に秘匿とされており、旧軍事関係者しか知らなかったからだ。この大久野島が毒ガス島となった経緯は、第一次世界大戦時に地理的な条件がよかったという理由から、毒ガスを製造することになった。

大久野島は東京から離れており、離島で秘匿が容易だったことから毒ガスの大量生産拠点となった。秘匿性の高さは先ほどの書いたように、戦後40年たって日本の化学戦実施に関する報道され知れ渡った。

1925年はジュネーブ議定書に日本は署名していたが、第二次世界大戦前には批准していなかった。要するに条約に署名はしたけど、最終的な同意はしてない。と言うこと。ジュネーヴ議定書が作成・発行された理由は、第一次世界大戦時、ドイツ軍が始めて近代的な化学兵器が使用されたことを受けて、化学兵器の使用の禁止を定めたもの。

よって、毒ガスを含む化学兵器は戦争での使用が禁止されていた。しかし、開発や保有する頃は合法だった。

また、大久野島が毒ガスの製造拠点となった理由はいくつかあり、東京から離れていたと言う点や比較的人が住んでいるところに近く、労働力や資材を確保しやすいと言った点がある。

東京から離れていれば、毒ガスがもれ出ても被害が少なくて済む。その上、中国大陸に近いのも理想的だった。その一方で芸予要塞が廃止されて、大久野島の忠海町は不況状態。よって、軍事施設を誘致した。色々ありながらも、大久野島は毒ガス大量製造拠点となる。

毒ガスの島が地図から消えていた間

地理的に毒ガスの大量生産が可能だと言うことで、毒ガス島になった大久野島。毒ガス向上の存在は機密にしておかなければならない。よって、陸軍が発行した地図には大久野島一帯が空白地帯にとして扱われた。要するに地図から消えてしまった。

大久野島が地図から消えていた間は毒ガスを大量に製造していたことは言うまでもなく、そこで働いていた従事者達は毒ガス工場へは希望入所ではなく、国家総動員法の徴用令状(青紙)に連れてこられた徴用者たち。徴兵令状は赤紙と呼ばれていたことに対して、徴用令状は青紙と呼ばれていた。

青紙で連れて来られたのは16~17歳という未成年。毒ガス工場の元従事者達は安全性を無視した労働環境に置かれた。辞めたくても辞めることができなかった。非国民と呼ばれることを恐れ、辞職を願い出た人には憲兵がやってきては責め立てて、殴った。

元従事者たちは戦争中は憲兵から大久野島で見聞きしたことを外部に話すこと禁じられ、戦後は毒ガス工場に従事したことで差別されるのではないかと恐れた。

生産された毒ガスは、イベリットガス(マスタードガス)、ルイサイトガス(有機砒素化合物)、クシャミガス、催涙ガスの4種類。最初は毒ガスの需要が少ないこともあって、サイロームといわれる農薬を作っていた。サイロームは青酸で出来ており、本当によく効く農薬で、みかん農家の人には大変重宝されていたそうだ。

生産された毒ガスの総量は6,616トンといわれ、終戦後は大久野島に残った毒ガスは合計3,270トンで、それらは、海洋投棄、焼却処分、地中処分と言った方法で処分された。除毒措置も施されたが、今なお島内地下4~5メートルの土壌で高濃度の砒素が検出されていると言う。
大久野島で働いた従事者にももちろん健康被害があった。1950年に元従事者から喉頭がんが始めて発見され、それから激しいせきや痰、原因不明の頭痛に悩まされる人が相次ぎ、毒ガスの後遺症の特徴である肺炎、慢性気管支炎、呼吸器官系のがんになった。

国のためと信じて毒ガスを作り続けた元従事者達の多くは、毒ガスによる重い後遺症に悩まされることになった。

大久野島毒ガス資料館

大久野島毒ガス資料館(おおくのしまどくガスしりょうかん)は、広島県竹原市の大久野島にある戦争の兵器として使われた毒ガスに関する博物館である。

大久野島は広島県竹原市忠海町の沖合い3kmに位置し,数戸の農家が耕作を続ける島でした。昭和2年には,島全体が陸軍の毒ガス製造を目的として管理下となりました。昭和4年には,東京第二陸軍造兵廠火工敞忠海兵器製造所による毒ガスの製造が始まり,昭和20年まで続けられていました。
 日本軍が毒ガスを製造していたということは,昭和59年(1984年)まで日本ではほとんど知られていませんでした。化学戦の実態は慎重に秘匿され,旧軍関係者以外の日本人はほとんど事実を知らなかったのです。昭和59年(1984年)に日本の化学戦実施に関する報道がされて以来,日本の毒ガス兵器の研究開発は旧陸軍化学研究所(東京),大量製造したのは大久野島(広島県竹原市),充填は曽根(福岡県北九州市),化学戦の運用、訓練には旧陸軍習志野学校,といった日本の化学兵器の構図(陸軍習志野学校史)が明らかにされています。

NEWS23の広島毒ガス島の特集を録画しておいて子どもと一緒に見た。夏休みなんだし昼間こそもっとたくさんこういう番組をしてくれていいんだけど

毒ガス製造に関わった人間が、少なくとも3,700人が亡くなった島が 今は「うさぎの島」と呼ばれて観光地になっているのか… #大久野島  #Ōkunoshima

かつて日本地図から消された「毒ガス島」の悲しい過去 - NAVER まとめ nav.cx/bAQseet 大久野島 ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7… @hiromi19610226 さんのツィートが登場する。

うさぎ島!かわいいインスタ・ツイッター画像まとめ【NEWS23で毒ガスを作っていた島として特集】 daa-antena.click/?p=177321

強いね。広島女子。 ◆ モデルプレス - 綾瀬はるか、毒ガス製造していた島へ mdpr.jp/news/detail/17…

寝る前に毒ガス島のテレビ見てあ〜〜〜〜って色々思ったんだけど思いすぎて寝た

@asami5914 おはさまー 行きたいところの中には、マニアックな所もありーのなのよ。 行ったところでは…旧毒ガス島(広島)とか、地元近隣の海軍火薬廠跡(戦争の跡を巡るツアー)とか…。それいうと原爆ドームも同じグループだけども… twitter.com/i/web/status/8…

#大久野島 がトレンド。 ぜひ一度行ってみてほしい。お薦め。 毒ガス製造の島、原爆とはまた異なる痛みを感じることができると思う。 pic.twitter.com/8s845x9OfG

この動画まだ観ていないのだが、毒ガスと言うと大久野島を思い出す…昔見た肝試しの番組で学校のような廃墟跡から覗く女性がTVなのに見えたことがあって…犠牲者は多かったのだろうな… twitter.com/youjin_org/sta…

人々が解放された日だったね。 うさぎ島って今では呼ばれてる毒ガス島のことを知れて良かったね 記事で読むのと 映像で、人の声で聞くのとはまた違うもんね

1 2