1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

"過保護のカホコ"好きなら抑えておきたい『遊川和彦』ドラマ

過保護のカホコの脚本家として知られ、映画『恋妻家宮本』では初の監督を務めた遊川和彦作品のまとめです。

更新日: 2017年08月17日

50 お気に入り 116142 view
お気に入り追加

・ドラマ「過保護のカホコ」の脚本を務める遊川和彦

奇抜ではあるが考えさせられる遊川和彦らしさが随所に見られる。

朝ドラ以降、久々の連続ドラマとなる高畑と、毎回ショッキングな問題作を発表する遊川のタッグ

「『過保護のカホコ』は、くだらない話をしている中で、よく大平さんが自分の家庭の話をするんです。その内容が、あまりにも“過保護ぶり”なので、「面白いからドラマにしたら?」ってふざけて言ったんです。そしたら後日、「企画書が通りました!」って言われたんですよ(笑)。」

「「女優・高畑充希なら、できるだろうな」と思った時に、「このドラマはイケる!」と思ったんです。たぶん、他の女優さんだったら、あの表情変化はできなかったと思います。そういう意味では、この主人公は高畑充希にしかできない…久しぶりに、そういう女優に出会いました!」

lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/7528 あまり多くを語らない脚本家・遊川和彦さんが、制作ウラ話について語っております。 コレを読むと、ドラマが10倍楽しめます!!

・みんなの評価も高い

うわあああああ!!!!竹内くんんんんっ!!!!!じゃなかった、麦野くん!!!最高だよおおおおお! #過保護のカホコ いつも、遊川作品苦手だったけど、今回は主演二人が爽やかでとても好きかも。

Family Song何回聴いても記憶に残らんのよね… 過保護のカホコはおもしろい… 遊川和彦の脚本すき…

キャストが偽装の夫婦すぎてワロタw やはり遊川さんいいなぁ 遊川作品好きなのいっぱい #恋妻家宮本

遊川作品で好きなのは『幸福の王子』と『恋がしたい恋がしたい恋がしたい』です。恋がしたい、の所さんすごく好き…

・脚本家、遊川和彦略歴

東京都生まれ、小学校1年から広島県大竹市育ち

役者志望で無名塾の試験を受けたことがあるが、一時映画学校に通いながらテレビ製作会社に入りディレクターに。その流れの中で脚本家になった。

恋妻家宮本では初の監督を務める

1991年『ADブギ』、1992年『十年愛』で、ダウンタウンの浜田雅功を役者として成功させた

2011年の「家政婦のミタ」は、最終回でドラマ史上歴代5位タイ(放送当時は3位タイ)となる平均視聴率40%を記録。この作品で東京ドラマアウォードの脚本賞を受賞

2017年公開の映画『恋妻家宮本』で初監督を務める

▼過保護のカホコ好きなら抑えたい遊川和彦作品

■GTO

俳優・反町隆史が大ブレイクした作品。

1998年7月7日から9月22日まで毎週火曜日22:00 - 22:54に、関西テレビとAVECが企画・制作し、フジテレビ系の「火曜22時枠」で放送された。

「GTO」は劇場版も製作されるほどの人気となり、反町さんといえば鬼塚英吉を連想するファンはいまだに多いのではないだろうか。

EXILEのAKIRA(35)でドラマ『GTO』(フジテレビ系)がリメイクされると「反町のGTOをもう一度見たくなった」「反町のイメージが強すぎて受けつけられない」といった声

1 2 3





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew