ワキガ(腋臭)のにおいの原因になると考えられているのが、「アポクリン腺」という汗腺から出る汗です。

脇には、「アポクリン腺」「エクリン腺」という2種類の汗腺と、「皮脂腺」があります。

アポクリン腺から出る汗は、水分だけでなく脂肪酸やたんぱく質、アンモニア等が含まれていますが、汗そのものがにおうわけではありません。

アポクリン腺から出た汗が、肌表面の細菌により分解されることで、ワキガ(腋臭)のにおいが発生してしまいます。

また、アポクリン腺からの汗にエクリン腺から出た汗や皮脂腺から出た物質が混ざることで、においが強くなることもあるとも言われています。

出典【要チェック!】ワキガの原因|意識したいにおい対策

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ワキガで悩み続けた私】から、いまワキガで悩んでいるあなたへ

ワキガに悩み続けて10数年の私が、いまワキガで悩んでいる女子に向けて書いてみました。

このまとめを見る